思い出と貝殻

Pic by Nekoya
海岸_01



ぼくは海を知らんのに

海岸らしき砂浜に いつしかちょこんと座ってる


ぼくの目前 狂ったように 喚き散らかす

黒いお水の塊と 白く砕ける 崩れた潮の哀れな飛沫

あまつお月さまさえ 照らすことをやめたんに


でも それでもね。。。


こんなお砂で死にたいな

小さな体を湿った砂に埋めていき

ゆっくりお骨になりたいな

わずかな有機を微生物に与えつつ


ずっと静かに隠れておれば 遠い時間の向こう側


小さな誰かが 小さな骨を 小さな貝と間違えて

おうちに持って帰るかなぁ お宝瓶に入れるかなぁ


ピンクやムラサキ綺麗な貝殻 おんなじ記憶の牛乳瓶


ぼくの横顔
PIC BY EIKO


ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヒナタさん

ヒナタさん、いつも素敵なコメントありがとうございます。
白く輝く貝殻のような骨、宝物にしてもよいくらい綺麗な涼くんの証拠・・・
ヒナタさんに心地よく見ていただいてよかったです!

リンク、事前承諾なしに貼ってしまいました。すいません。
こちらのリンク貼っていただける・・・光栄です!よろしくお願いします・

HIZAKI

No title

静かな海で、思いをはせる小さな背中。
その骨は白く輝いて、とっても綺麗なんだろうなあ。
誰かの宝物になるくらい、心に残るくらい綺麗なんだろうなあ。
あったかくてロマンチックで…とても心地よい詩ですね♪

あ…リンク貼って下さっていることに、今気付きました…!!!
遅くなってすいません!有難うございます!
ご迷惑でなければ私も、貼らせて頂けないでしょうか?

YUKAさん

YUKAさん!!訪問いただいてとても嬉しいです!!
どのような生き物も。海の水に長く長く抱いて愛でてもらうと。
もう余計なものは落ちていき、白い軽い塊りに変化していくのですね
生きていたことの証がどんな形であっても、だれかを喜ばすということを想像すると、不思議な喜びがわいてきますね^^

HIZAKI


> 浜辺に打ち上げられた真っ白なサンゴも
> サンゴの亡きがらだそうです。
>
> 白い砂浜も、そんな貝やサンゴからできているのかもしれません。
>
> 海に晒されて真っ白になると
> 人も貝もサンゴも綺麗になりますね^^
> いつしか混ざり合って誰かが綺麗って感動してくれたなら
> それは、やっぱり宝物になると思います^^

いそさとさん

いそさとん。おはようございます
朝早い時間に応援いただき光栄です。

はい、文字の肉付けしてた時に、幼子の切ないきもちや想像ををめいっぱい可愛らしくお伝えできるように、いろいろかんがえてみました。フレーズ気にいていただいて、僕もとっても嬉しいです! いつもほんとうにありがとうございます。
遅くなりますが、夜に帰宅したらねこさんたちに会いに行きます!

HIZAKI


おはようございます。
>
> 小さな誰かが 小さな骨を 小さな貝と間違えて
> おうちに持って帰るかなぁ お宝瓶に入れるかなぁ
>
> 切なくもかわいらしいこのフレーズが好きです☆
> EIKOさんの絵の涼くんの表情もすごくいいです。


> おはようございます。
>
> 小さな誰かが 小さな骨を 小さな貝と間違えて
> おうちに持って帰るかなぁ お宝瓶に入れるかなぁ
>
> 切なくもかわいらしいこのフレーズが好きです☆
> EIKOさんの絵の涼くんの表情もすごくいいです。

No title

おはようございます。

小さな誰かが 小さな骨を 小さな貝と間違えて
おうちに持って帰るかなぁ お宝瓶に入れるかなぁ

切なくもかわいらしいこのフレーズが好きです☆
EIKOさんの絵の涼くんの表情もすごくいいです。

ペレさん

病み上がりなにもかかわらず、2連ちゃんでご訪問いただきありがとうございます(TωT)

移り変わる幼い子の感性をすっと見ぬくペレさんは何者?すっごいですねぇ!! そうなんです。今日は今日の涼くんで、死んでもお骨が残って、それが僕から産まれた唯一宝物で・・・・・そんな独特の世界を一人でつくって妄想の世界に入り込んじゃってるのです。

あしたはあしたで、掃除機のパイプ持って蛍光灯割っちゃたり、おふろでおねぇちゃんとアヒルごっこかも・・・・

なので、毎回毎回読み切りです^^
お手すきの時は遊びにきて、涼くんをサポートしてあげてくださいね!

本当に本当にありがとうございます!!

HIZAKI 心より感謝をこめて!

No title

浜辺に打ち上げられた真っ白なサンゴも
サンゴの亡きがらだそうです。

白い砂浜も、そんな貝やサンゴからできているのかもしれません。

海に晒されて真っ白になると
人も貝もサンゴも綺麗になりますね^^
いつしか混ざり合って誰かが綺麗って感動してくれたなら
それは、やっぱり宝物になると思います^^

こまり@さんへ

ご訪問、コメント、いつもありがとうございます。
海から来て海に帰る、雰囲気を感じていただいて嬉しいです。
> ひょっとしたら誰かの骨が混ざり合っていたのかもしれない・・・
> でもぜんぜん嫌な気持ちになりませんね。
優しさの裏に鋭い感性と想像力が見え隠れして素敵だなぁと思いました。

また、たお手すきの時に遊びに来てください。そして優しい感性を見せてくださいね。
楽しみにお待ちしています。

HIZAKI

No title

どうも、今日2度目の書き込みです(笑)
今回の諒くんは、死んでも僕のこと誰か見ていて(拾って)くれるかな?
という感じにも受け止めました。
前回は海のことを母体と言いましたが、今回の海は諒くん自身にも見えたなーって。諒くんの心情がそのまま出てると言う感じ。
諒くんの心は日々移り変わる、それを詩にしてほぼ毎日書けるHIZAKIさん、いや、ただただ、すごいです。
でも、なんかね、移り変わる心情のなかにもどこかしら希望があるように僕はみえますよ。そんな諒くんのサポーターになりたいですね(^-^)

No title

沖縄の白浜で貝殻探しに夢中になったのを
思い浮かべました。

ひょっとしたら誰かの骨が混ざり合っていたのかもしれない・・・
でもぜんぜん嫌な気持ちになりませんね。

私の骨も海にまいてもらえたら・・・なんだかそれも素敵です。

大いなる海=生命の母

HIZAKIさんの詩はどこかいつも温かいですね。

なによしさん

なによしさん、こんばんは!
一瞬で絵描きさんわかっちゃいましたね^^;
署名ではなく雰囲気ですぐに判っちゃったことと思います。

小さい涼くんの少し病んだロマンス。
色彩。自分の価値をどう表現して良いのかわからない幼い涼くん。

少し心痛い描き主が、浮かんだまんまの涼くんを表現してみました。。。

HIZAKI

canariaさん、

ご訪問と真摯なコメントいつもありがとうございます。

むしろ僕のほうがきらきら綺麗な極彩色の形容詞で褒められれしまって、、、
お恥ずかしい限りです。

> 月が出てない海岸で佇む涼くんが神秘的で儚くて綺麗です^^

お返しできる言葉がございません。
後ほど、canaria さんの方へ遊びに行かせていただきます。

HIZAKI

いちごはニガテ さん

いつもご訪問ありがとうございます☆

消えてみたくなったり、やっぱり思い出に残ってみたくなったり
幼くてもうつろう気持ちがあるのですねぇ^^
海のお土産はピカピカ宝石みたい。でも殆どが亡骸の一部なんですね。

HIZAKI

ハコモリさん

ハコモリさん、
いつもご訪問、暖かいコメントありがとうございます!
涼くんまだまだ日によって、あっち側に行きたいとか、そのあとは・・・
と妄想世界に入ってしまいます。
もう少し待ったらおねぇちゃんが来るのかなぁ?
また、涼くんに会いに来てくださいね☆

HIZAKI

HMOさん

HMOさん、こんばんわ。
はい、涼くんの日によって変動する心の移り変わり、なかなか安定しない幼児の心を映してみました。
いつもありがとうございます。

HIZAKI


No title

こんばんは(*´∀`*)
誰かの宝瓶に詰められて愛でられる自分の骨を想像して
過ぎ去りし後にも受け継がれてゆくものがあるというのは
ロマンチックで素敵だと思いました(*´∀`*)
綺麗な貝殻と同じように、自分もキレイな宝物と思ってくれたら・・・
そんな涼くんの幻想的な夢想が込められていて、キュンとします☆
そして、新しい絵描きさんが見つかったのでしょうか?(≧∇≦)
どちらの絵も、HIZAKIさんの世界観を表していて美しくも儚げですね。
応援全ポチ済みです(*´∀`*)

こんばんは

貝殻と小さな骨が透明な瓶の中で眠っている情景が浮かびました。
HIZAKIさんの詩は一つ一つの言葉に色彩が埋もれていているのに詩全体は静謐でいつも不思議に思います。
読んでる最中はキラキラ色がたくさん浮かぶのに、読後感はその色がすって引く感じです。海の満ち引きみたいに。
月が出てない海岸で佇む涼くんが神秘的で儚くて綺麗です^^
今日もありがとうございました。

今晩は~

お骨も 貝殻のように 真っ白なので

あまり 見分けがつかないかもしれません

それに

お宝瓶で大事にされるのは

喜ばしい事ですね

何かが 残るのは やはり

嬉しいものだと

ボクも思います^^

No title

こんにちは☆
月の光も消えて、暗くなった浜辺のさびしい風景が浮かびました。
上のイラストも、座り込む涼くんの背中がなんともさみしげ。
涼くんは、さみしさがどうしようもないから、
すべてを受け止めてくれる海へのあこがれがあるのだろうなー、と思います。
ううー、涼くん、大丈夫だよーと言ってあげたいっ。

No title

一瞬前回のが内容変わったのかな?と最初思ったのですが、また別のでしたね。
前回と景色が変わっていますが、それと同じように涼くんの考えている事も変わってますね。
今回はおねぇちゃんが来ないんですね。
前回とは違う涼くんの内面が出てるのかな、と思いました。
応援全ポチして行きますね。

ねこねーさん

ねこねーさん、こんにちは。ご訪問ありがとうございます。
お月様大丈夫です。よく使いますので、またすぐ出てくるはずです^^
占いライターは復活予定があるのかな?

HIZAKI

No title

こんにちは♪
あら、残念…お月さま、消えちゃったのねぇe-15

ねーさんは、心の中でお月さまに語りかけると、
見る見るうちに月の前の雲がなくなることが多いのです。
これ、ホントe-420
お空の彼方と以心伝心している感じが、なんとも気持ちいいのですよ。

でも、暗がりの浜辺も不気味な感じが、逆に素敵なのかも。
真っ黒い海の力強さって、ありますもんね。

ちなみにワタクシ、今は占いライターは休業中です。
ここしばらく星を読んでないなぁ。
今年の自分の運勢くらい占っておかないとe-392

プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります