哀願

眠れない夜は
 
夢の途切れに訪れる 空の湖(うみ)の 

波打ち際で うつろい寄せる 水泡が

ただただ 消えるん ぽつんと ひとり 眺めてん  

 
大事なひとは ここに居るのに 

その手触りも 寝息さえも 感じひん 


それでも 一緒にいることを あたりまえだと 疑わず 

明日もきっと 水辺に二人 たたずむん


閉ざされた ぼくの心は 

闇に向かって 沈んでるのか 

月に向かって 微笑んでるのか


閉ざしたぼくの 心の底を 

おねぇちゃんは 覗いているんか 

それとも ただただ 寄り添ぉてんか


積木のように 重ねるはずの 思い出が 

こわれた ぼくの あたまのなかで 消えそうに

消えそに ちぃちゃく かすんでく

そう まるで 回り灯篭の 残像みたく


お月さまは ぼくの思い出を 預かっといてくれはんの?

お星さまは ぼくの温もりを 覚えといてくれはんの?


おねぇちゃん おねぇちゃん おねぇちゃん


ぜったい ぼくを わすれんといて

ぜったい ぼくを おいてかないで


ぼくが にっこり 笑うまで

ぼくが ひとりで 笑うまで


いかないで

にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ほんと切ないですね

りかりんさん、コメントお久しぶりにいただき大変うれしいです。
早い時期から、いろいろお褒めいただき、続けて書いていく気力をいただいています。
りかりんさんから頂く言葉も、文章を構成する一つのアイテムだと感じています。
飽きずに読んでいただけることが、僕と"ぼく"の一番の喜びです!!

HIZAKI

> 言葉ひとつひとつがすごく素敵です。
>
> 曲になりそうなくらい。
>
> ひざきくんの才能がどんどん開花してきてる感じします。

Re: こんばんは

gimoniaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

そうだと思います。唯一、信じられる人が、信じてくれる人を精一杯包み込むシチュエーションを描ければ。。。とコツコツ続けてます。ぼくにないものを仮想現実化しているのかもしれません。
そのなかでgimoniaのように真摯なコメントいただくと、感激と感動であたまがフヮーとなってしまいます。
遅筆ですが、コツコツ書き溜めていきますので、また遊びにきてくださいね。

HIZAKI

> HIZAKIさん、こんばんは。
>
> 毎回繊細で切ない詩、感動と感心してしまいます。
> こういっては不謹慎な気もしますが、思い出を
> 預かってもらうという発想が斬新だと思いました。
> おねえちゃんとの思い出なんでしょうか。
> 共有できているものだと信じたいですね。
> これほど涼君をを引き付ける存在なら、
> つまり理解者という事なのでしょうから、きっと
> 思い出を共有できているものと思います。

Re: HIZAKIさんの紡ぐ言葉は、

おぉ!やしまさん、お久しぶりです^^
毎度毎度、僕のほうが赤面してしまうコメントをいただき本当にありがとうございます。
遅筆でひんぱんに更新できないし、それがすべてやしまさんの琴線かどうかわかりませんが、毎回やしまさんのお言葉でモチベーションがガンガン上がっておりますので、なるべく丁寧内に磨いたものを更新していきたいと思います。本当にありがとうございます。

> 心に在る筈の「開かずの扉を、不意に開ける鍵なのか?」と、感じる時があるのですけれど、今回の言葉は、まさに其れ!
>
> 物悲しくも優しい言葉を、ありがとうございます。

ほんと切ないですね

言葉ひとつひとつがすごく素敵です。

曲になりそうなくらい。

ひざきくんの才能がどんどん開花してきてる感じします。

こんばんは

HIZAKIさん、こんばんは。

毎回繊細で切ない詩、感動と感心してしまいます。
こういっては不謹慎な気もしますが、思い出を
預かってもらうという発想が斬新だと思いました。
おねえちゃんとの思い出なんでしょうか。
共有できているものだと信じたいですね。
これほど涼君をを引き付ける存在なら、
つまり理解者という事なのでしょうから、きっと
思い出を共有できているものと思います。

HIZAKIさんの紡ぐ言葉は、

心に在る筈の「開かずの扉を、不意に開ける鍵なのか?」と、感じる時があるのですけれど、今回の言葉は、まさに其れ!

物悲しくも優しい言葉を、ありがとうございます。

Re: No title

こんばんわ、なによしさん。

おそらく、ぼくがこちらを書きあげる直前になによしさんがコメ残して、その後すぐに私がつらつら椿に行ってコメ残したという、超すれ違いニアミス・コメント返しが行われたもではないでしょうか?

さて、いつも切なさや淡さを敏感に感じてくれて本当にうれしいです。
描いて修正してを。。。ずっと繰り返して、仕上げて、読んでもらって。。こんなに情を入れてもらい、返す言葉がございません。感情移入の相乗作用で、私はたまに幼児の甘いにおいを感じる時もあります(@ω@) それは、よだんとして、できるだけ更新していきますので、これからも遊びに来てくださいね!!

hizaki


> こんばんは、なによしです。
>
>
>
> 涼くんの、切ない思いが・・・
> 絵の淡さと、自分の曖昧さを、寂しがっているように感じました。
> ずうっと、おねえちゃんは 涼くんのことを覚えていると思います・・・
> って、いいてあげたくなりました><!
> 胸がきゅーん、っとする詩です・・・
>
> 応援しています!

No title

こんばんは、なによしです。



涼くんの、切ない思いが・・・
絵の淡さと、自分の曖昧さを、寂しがっているように感じました。
ずうっと、おねえちゃんは 涼くんのことを覚えていると思います・・・
って、いいてあげたくなりました><!
胸がきゅーん、っとする詩です・・・

応援しています!
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります