スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想いの断片

雲母の輝く 月夜の下で

ぼくは 夜の粒子に 抱かれてる

淡く悲しい 月の涙に 濡れている


月の涙は ぼくの涙

しんしん 凍える 青い光に 浸されて
 
ぼくの居場所が こわれてく


いつまでも 狭く寒く とぉろりと

ゆったり流れる 天の時



砂になるのは かんたんで

目ぇさえ しっかり閉じれれば

さらさら ぼくは 消えられる


けど 逃がれん 痛み 執念 心の激痛

やまらん嗚咽・・・

お目目が しっかり閉じららん



お手手つないで 河原を歩く おねぇちゃんとぼく  

ぼくのみらい。。。 おんなのこ

なぁ何も 疑うことなん あらへんやぁ



・・・ もうええわ 

すこぉし つかれた 眠なったん

白いシーツにくるまって すこぉし ゆぅくり 

丸くなるぅ


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: いったいこの心の詩に

ななさん、ご訪問ありがとうございます。

逆に、素敵な詩をいただきました^^

よぉよぉ、言葉知らんので、追って「ななさん」のサイトで感想述べさせていただきますね!


> 私がなにをHIZAKIさんに申し上げればいいでしょうか。
> 言葉なんていうお粗末なツールじゃ到底なにも伝えられません。
> それとも、私がそういう言葉を知らないだけ?
> ただただ、私にはこの詩を私なりに読ませていただくことしか、できそうにありません。
> そして、私なりに読ませていただいて、
> 私は早く宇宙になって、宇宙から自分を見れたらいいなって思いました。

No title

なによしさん、

いっつも、ありがとうございます。
散文に心を入れて感じていただき、いつも感謝しています。
心に秘めたkと。。。慟哭。ありがとうとしか、表現できなくてゴメンナサイ。

いったいこの心の詩に

私がなにをHIZAKIさんに申し上げればいいでしょうか。
言葉なんていうお粗末なツールじゃ到底なにも伝えられません。
それとも、私がそういう言葉を知らないだけ?
ただただ、私にはこの詩を私なりに読ませていただくことしか、できそうにありません。
そして、私なりに読ませていただいて、
私は早く宇宙になって、宇宙から自分を見れたらいいなって思いました。

No title

こんばんは、なによしです。


切ない心の悲鳴が聞こえてくるようです・・・

慟哭、というのでしょうか、心の慟哭は、誰にも発せられないままに奥底に沈んでしまう僕の心は・・・

なんだか、目頭が熱くなりますね。
応援しています。

No title

やしまさん、ありがとうございます。
一滴ずつ気持に染み入ってくるようなコメントで。。。
また、きてくださいね。

ちゃんとコメントしたいけれど…。

ごめんなさい。うまく言葉が出ないや。

僕の心に、風と水が流れ込んで。
静かに、時を感じながら、
詩を、言葉を、其の向こう側を。
ゆっくり、ゆっくり、かみ締めています。
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。