スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶

白いシーツに 溶けてしまいそうだったとき

ぼくは 小さな川で 小さなボートに 乗せてもらってた

夢のお兄ちゃんか 死んだお父ちゃんか  黒い人か

知らひんけど 分からへんけど

ボートを ぎゅうぎゅう 漕ぐ方は 

その お背中が 大きゅうて 懐かしくて なんも怖くなかったよ



ボートは 小さな川の 流れに向かって ぎゅうぎゅう ぎゅって 進むんなぁ

まん丸 大きな お月さまと たくさんの モンシロチョウ

白い羽が お月さまの 光を吸って 青くなったんねぇ


ちいさなからだが あついので 船べりから お手手を出して

ふわっと ゆびを 水面に



指の間を サラサラ抜けていく水が 小さな 小さな 玉になって はじけ飛び

水玉たちは お月さまの光を吸って 青かったり 銀色だったり ・・・


2浴衣_線画_



あぁ ぼくは いま お月さまの子供達の おかぁさん

ちいさな ちいさな ぼくのお月さまたち みんな 綺麗に育ちぃなぁ


楽しいのに 綺麗なのに ちんわり 涙が出てきて 大泣きしそうで

もう帰るって もう終わりって 優しい人を振り返ったら 


誰もいない 何にもない 振り返ったら 



振り返ったら 色も 音も チョウチョもいない まっしろな まっしろな 


霧の中で すーっと 眠ってた ・・・ そんな気がしてんねんや


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。