病室

おねえちゃんの ゆびをにぎりながら

また 闇に吸いこまれて どのくらい経ったのかな?


こんどは ふつうにに目が覚めてんけど

んん 頭のモヤモヤが取れ始めたら

からだじゅう 火がついたように 熱くて 痛くて

びっくりして 大声で わぁわぁ 泣いたら 

もっともっと いたくなって

よこで こっくりしてたねえちゃん びっくりして

はしって お医者様を つれてきたみたい


ぼくは そんなことかまわず ギャーギャー泣き叫んでてん


だから白いふくきたひとが 棒を持って ぼくの方に 近ようてきはった

またひどい目にあうんのやっ いやや


輸液の管つけたまま

棒を払い落して・・・ペン型懐中電灯やった


また 黒くて怖い 鉄の匂いがする空気が ぼくを すっぽり包んで

もうなにも考えられない

身体の痛みさえ わからなくなって

ベッドの上で暴れ ギャンギャン叫び 泣き叫び ワンコのように 吠え叫んだ


あががぁぁ ぐぉお ・・・ 小さいぼくが 絞り出す獣の叫び声に

おねえちゃんは ただただ 耳を押さえて 目を閉じて 床に座り込んでたんて


いつの間にか増えとった おとなたちに 肩と手を押さえられて

さっと お医者様に お注射を討たれた。。。。


一瞬で暗闇に引き込まれるまで ぼくは あがっ あがっ あがっぁ・・・って
  
歯を折られた口をゆがませて 窒息するように 泣き続けてた





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります