村のはなし

ぼくの住んでる 小さな村の 女王さま

敬愛すべき 領主さま 地下室に鉄の洋梨 血の付いた鳥籠

墓を掘れ 墓を掘れ 最高級の柩 薔薇の彫刻 


村人の仕事 墓を掘る 墓を掘る 柩の彫刻は 

もう彫れない 生爪全部 剥れっちまった

弱虫野郎どもは呟かない 呪っちまうから 呟かない

墓を掘れ 大きな立派な墓を掘れ 


大きな 豪華な 柩を投げ入れろ 肉汁吸った赤い薔薇

弱虫クソムシ 呟かない 笑わない 地獄から呪われちまう


たった一匹のクソムシが 盛土に まだ新しい盛土に

雨に濡れたタバコの箱を そぉと そぉと そぉと置いて

力一杯踏んづけた その上にスコップを叩きつけ 


黙々祈った 怒れる魂は ベールゼブブのもとへ

腐敗した肉 地に還ることなかれ 



ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sado jo 様

誰でもいつでも心の中に恐怖を抱いています。
恐怖のもとが死んだとしても、体に染みついた恐怖に支配され続けていくものです。それゆえ、恐怖のもとを深く深く掘って埋めることを繰り返しては、少しでも心の安寧を求めようとするのではないでしょうか?

いつもご訪問くださりありがとうございます。

No title

エドガー・アラン・ポーを読んでる様な気がしました。
人は誰でも心に闇を持っています。しかし、闇があるからこそ光は輝いて見える。
もし影と言うものがなかったら、我々はそこに物がある(人がいる)と認識できません。
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります