冬の綿あめ

はぁい 声が 聴こえるねぇ 透明の将軍様ぁの

吐息の粒粒をふんわり凍らせたぁ ねぇ


氷の匂いと 雪の匂いは ちと違うんの しっとるよ

雪さんは 先っちょだけ氷に固まった ふうちゃん綿飴の匂い



もふもふ もふもふ おなかの毛ぇ

ペロンしたぁげる ちょっとだけ ねぇ ふうちゃん


あららぁ 嫌やいうて ダッシュの子 ごめんね ねこさん

ごめんなさい ごめんなさい


畳にのこった雪の残り香 ねこちゃんの 綿の残り香

ふとんミシン目 たたみの目ぇに

ねぇねぇ おねえちゃん お姉ちゃん ねぇ おねえちゃん・・・

おねえちゃん ぼくのおなか 舐めてもええよぉ 今日だけね


ほらほら 涼くん おかくしごとはないのかなぁって


あのねぇ あのねぇ ふうちゃん怒らしちゃったんのぉ

おねえちゃん いっしょにごめんなさいしてくれるかなぁ


ごめんね ふうちゃん 雪猫ちゃんって


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ダメ子さん

涼くんはふうちゃんのお腹ベロンってしちゃいました^^
お口にちょっとねこ毛が・・・
じつは涼くんが寝てると、お姉ちゃんが涼くんのほっぺをチョビットだけペロンします。

結依さん

ふわふわふうちゃん、雪の結晶がそのまま溶けないでネコになったみたい^^ 溶けそうで溶けない白い綿。
涼くんはふわふわさんをいじりすぎて、ふうちゃんに怒られちゃいましたね。でも二人とも可愛い^^

No title

ふうちゃん雪のようにふわふわ
私ももふもふしたいです
でも怒らせちゃうかな…
おねぇちゃんが涼くんをベロンしたか気になります

No title

こんばんはe-60
夜分遅くに、すみません。

優しい綿飴・・ふんわりふわふわ、今ひととき、現実を
幻想に塗り替えてくれるときですねv-276

かくしごとは、大人へのしるし・・

ふうちゃんには、綿飴より優しいお姉ちゃんがいてくれて、いいな。。
真綿色の雪、まるでふたりの心そのもので、
温かいなe-256
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります