宴のあと

第一章  宮殿

その大地 硫黄と亜鉛 水銀と酸化鉄でできている
死んでいく陽の炎 老いた光は もう地平線に届かない

その空は 褐色の鉄粉 粉塵と硝煙にまみれている  
蝕まれた橙色の月 赤い滴は もはや何も潤さない 

狂気の淵で 廻り続ける 怒りと憎しみ 灼熱の舞踏会
焦土を漂う 苦悶の嗚咽 時を切裂く トランペットの悲鳴

こどもの群れ 悔恨で胸を掻きむしる子 銃の重みで座り込む子
鼠色の目 遠くの手足を 過去の部品を 見つめてる 呆けた目

骨砕かれ 肉裂かれ 粘膜焼かれ

ぼくは全裸で 這っておる 車輪に轢かれた 子犬のように
生爪剥がして 血ぃ吐きながら 大地の硫黄を 吸っておる

これは"一瞬"なのか? "永遠"なのか?
これは"過程"なのか? それとも"裁き"なのか?


第二章  聖母

噴出する静寂 抱れるぼく 
何もないのに 何かが包む

噴水たる静寂 透明の粒子 
何もないのに 感じる存在

慈愛と威厳は 透明の粒子 吐息で編んだ 無垢のレース
絡みつく蒼い指 腹 背中 頬を ふわり撫で 癒してく

そっと寄せられる口づけ 珠い唇は ゼラチンの砂糖菓子
甘いマシュマロ 血 体液 涙を そっと拭き 清めてく  

月は青く震え 真空を満たす エーテル分子 震動の共鳴
泣きやんだ子 祝福なる歓喜 静かにうねる 粒子の波音

・・ -・・ ・・ -・・ ・・ -

ぼくはレース纏って あるいとる 乳に満ちた 羊のように
梳かされた漆黒の髪 なびかせて 金色の陽光 浴びながら


第三章  審判 

私たちは与えた きみに正しい魂を
私たちは授けた 誰も妬まない心を

きみはきみ ほかの誰でもない!
ぼくはぼく ほかの誰でもない?

あぁ この先 誰も きみを貶めない!
あぁ この先 誰も ぼくを裁かない?

さぁ行きなさい! 
           うん帰らなくちゃ・・・
さぁ帰りなさい! 
           おねぇちゃんとこ・・・

嗚咽や悲鳴はもう止んだ トランペットは奪われた


第四章  追憶

夢とはちがう 夢みたん

お目覚め ちがうの 帰ってきてん



カーテン越しの朝浴びて お手手の先にはおねぇちゃん

ほそぉいお指にぎったら サンタさん来はったなぁって

。。。ドングリお目目ぇ 微笑んで



布団の中で考えた おねぇちゃんに触れながら

あの子たち 何人おうちに 帰れたろぉ?



聖夜の宴 そのあとで 

ちっちゃな 仔羊 泣いちゃった

おねぇちゃんの 指にぎり

まくらで 涙 ふいちゃった。。。。 

みんな一緒
PIC By なによし



ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




 
 
毎年25日恒例掲載です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ころなさん

涼くん、たくさん怖い夢をみました。みなけらばならないところを!」
でも夢の中で涼くんがしっかり立たなければいけないことも教わりました。
愛して欲しい子供の代表として。

お目目があいたら、いつものヘタレ涼くんです。
でも自然に選ばれているのかも。愛の子として。

男の子から女の子。男の子から真ん中の子。

悲しい凄惨な過去を通して、それをバネにして力強く羽ばたくと思います。

いつもご訪問、そして涼くんを可愛がってくれてありがとうございます!

HIZAKI

No title

怖い夢を見たのですね
夢の世界は一瞬だけど、
夢の世界を気遣う涼くん、優しいですね。
子供たち、みんな家に帰れたと信じます。

子供たちは涼くんのこころ
現実の世界のつらいことがよみがえったのだと
そう思いました。
でも、つらいことは乗り越えられて
また優しくなって、目が覚めたのですね^^
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります