狂宴の果て

狂宴の果て
PIC BY なによし



ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


【狂宴の果て】

盛夏葉月に ほんのわずか数日間 日本に日本の風が吹く

慟哭と憐憫の風 撫でていく 寂寥を練りこんだ 焼けたアスファルト

その風はかつて英霊の志を運び 人の心 そう心の機微を撫でていた

去りすぎた熱風が残した なぁにも知らない子供たち 

どこに帰るん ? どこ行こかぁ ?

暗闇で目を焼かれた子 母の背中で泣き疲れた子

もはや涸れた乳房を握りしめ うとうと長い夢を観ている子

さあ みなさん おねえちゃんのお家へ いらっしゃいな

ひとりひとり 水晶のさざれになって 可愛いクラゲの赤ちゃんみたい

まずはゆぅくり ねんねしや 泣いて疲れた小さなからだ

ほらなぁ もう見えるやろ 聴こえるやろ 立てるやろ

たくさん遊んで たくさん眠って 元気になったら

おねえちゃんが送っていくよ みんながきっと 待っとるよ

お母さん お父さん おとうとくんや おねえちゃん ・・・赤い蝋燭 めじるしよ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

鍵コメ様

鍵コメ様

ご訪問ありがとうございます。

夢野久作「ドグラマグラ」だったかな?先祖が大きな恐怖を感じるとそれが遺伝にに焼き付けられて、子孫の夢などにその体験が出てくると!

僕らも直接戦争した経験はありません。しかし、遺伝子のどこかに、無念や恐怖が眠っているのではないでしょうか?

今も裸足のゲンの閲覧制限、広島火傷マネキンの撤去… 全員が政治家として立ち上がる必要はないと思いますが、自分のできる業に思いを込めて、行き場がなくなった魂を一瞬でも振り返り、成仏されるよう考える機会がなくならないよう友に考えていきたいですね。

鍵コメさま

こんにちは。

なんだか とんでもなくお褒めいただき…
ただひたすらお礼を言うのみでございます。

ありがとうございます!!ありがとうございます。

これからも精進いたします。飽きずによろしくお願いいたします!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ころなさん

戦争という災害の下で自分の意志と関係なくひどい目にあわされた方々。
この場で失礼極まりございませんが、改めて感謝とお見舞いの言葉を捧げます。

もし僕らに見えない世界であっても、赤い蝋燭を持った自分の子や妻・・・見つけたらきっと報われるというか、過去を忘れられるかもしれません。

戦争を忘れて70年近く。あの時よりも一層バカになった政治家、ビジネスマン、金乞食… 現世で体を焼いてほしいです。

一兆円超えた借金を返すのは僕たち。。。なんで数百人の選ばれた人たちが、1億数千万人の借金を決めたのか・・・

数々の被災を含め、悩み苦しんでいる人が、政治家とは無縁の現場の方々ばかり… ねぇ海外に逃げた東京電力の幹部たち!

これが日本の英霊だったのか? まったく情けない限りです。

だから涼くんだけでも、痛かった、熱かった、ひもじかった子・・救ってくれるようにこの作品を書きました。

いつもご訪問とコメントありがとうございます。

日咲

No title

戦争で亡くなった人たちのことを思いました
死んだ人の魂は子供にかえって
母なる魂と一体になる
迷わないように、赤い蝋燭をともして

日本が日本であるために
戦争をしたこと、わすれてはいけないですね
戦争は悪いこと
だから、わすれてはいけない
犠牲になった人のためにも

そんなことを考えました。

シュナイダーさん

いつもご訪問ありがとうございます!

ギリギリ終戦記念日にアップできました。

大人の思想、欲…で失われた人生を謳歌するはずだった子供たちの生。

ゼロ戦、戦闘服、自動小銃…薄っぺらい格好よさの裏に重苦しい弱者の悲鳴が渦巻いていること、戦争ならず様々な被災で視線を向けるべきですね。

No title

終戦記念日っすね、今日は。

1945年8月15日の正午は
玉音放送が流されました。

今日も、48年前のことを想った方が
祈りをささげたことでしょう。
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります