小さな惡の華

「小さな惡の華」


狂気と 背徳を 自らの光で輝らし続け

真実の向こう側を 垣間覗き得る脳髄は あまりにも繊細で

よもすれば 疲れてしまうのだから ゆっくりと

ほんの 少しだけ 眠りに落ちようか


自由の国 聖歌が響く 愛の土地

塵から美を創り 月に光るトカゲを愛でたエロス

その彼女でさえ 黒い雨の中で 濡れた地面を這っている


美徳と背徳の葛藤で 自ら胸の皮を剥いでいる


誰も悪くない 誰も悪くない 誰も悪くない 誰も悪くない 誰も悪くない


祝福される こちら側を創っただけだ 愛と規律と道徳の





惡の華が咲き乱れているだろう この季節 森の奥

湖の岸辺を 訪れた少女たちは ひざを落として 哭くのだろうか

もはやその華は咲いていない


少女らが堕ちていくはずの 向こう側への扉の湖 すでに神の祝福を受け

咽かえるほどの 愛に満ちたレースに 覆われていた


ああ 引き返すことなかれ 目を凝らせ

蒼い夜の油に満たされた 白いボート

すでに紅い髪の案内人が

長いオールに 顎をあずけて 退屈そうに待っている


二輪の 小さな惡の華を




ふたり

この素敵な絵を描いてくださった大事なお友達 canaria さんに贈ります



ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村



canaria 師匠、行ってらっしゃい。

HIZAKI(拝)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ペレさん

上手く表現できないけれど、canaria師匠の作品の主役級のキャラは皆とげをもったツル薔薇の様で、ネットリ絡まりながらストリー展開していたような感触が残っています。

トゲ、キズ、血・・・それでもたくさんの人を惹きつける妖艶な魅力を放っていましたね^^

ぼくたちもそろそろペースを戻して、いつ帰っていらっしゃっても安心できる環境を創っていかなkとなりませんね!

HIZAKI

No title

canariaさんを送り出す素敵な詩ですね!
綺麗な華ほどとげがあるといいますが、案外、
とげがあるのは、惑わされる側かも知れませんね。
欲望と言う名のとげが・・・・・。

canariaさんの新しい門出、ゆっくり見届けましょう。
また、格段に成長したcanariaさんが還ってくるのを願って・・・・。

No title

コロナさん、コメントありがとうございます。
愛ってなんなのでしょうね~ ?

明るく爽やかな愛に限らず、闇の中で、背徳の中でひっそり相手を求めるような感情もありますよね。。。

大事なものなのに、明確でないから、愛をテーマにして色々な素晴らしい作品が産まれてくるのだと思います。

HIZAKI

No title

愛、難しいですね
二人の気持ちが通じたらいいんだけど
それが、なかなかできません

どこまでも闇で
光を失ってさまよう恋の道
信じる気持ちが鍵です。

え、ちがうって?
今の私には、こんなことしか言えません><

ダメ子さん

コメントありがとうございます☆

散文と絵から canaria さんを感じていただいて光栄です!!

見送りなんて言わず、一緒に船に乗っていってくださいませw

あっ、canariaさんの世界ではダメ子さん羽根ついてたじゃないですか。たまに偵察に行って報告をくださいね^^

HIZAKI

No title

まさにcanariaさんを表している感じがしますです
私も見送ろう

No title


HIZAKIさんらしい、素敵な贈り物です^^

本当にみなさん、素敵過ぎです^^






鍵コメさま

鍵コメ様。まだ熟成しきっていない作品をお目通しさせてしまい恐縮です。
それでも、この作品大好きですと言われて、喉の奥に貯めていた「泣き虫予防玉」が落ちそうになってしまいました^^

沢山の想いでが夏のお盆の走馬灯のようにクルクル回っていますが、薄紙一枚透かしたセロハン紙の色彩が労総の灯りに踊りまわっている様は一生色付きの文字映画の1シーンの様に、目の奥に刻まれることでしょう。

たまに勘違い(お気遣い)されていることもありましたが、鍵コメ様は美徳の椅子から背徳を観察し、僕は背徳の隙間から美徳を観察しておりました。だからこそ、お互いに感情が拮抗し、言葉を失ってしまうことも多々あったのだと、今にしてみれば納得することも多々感じます。

それでも構わず悪乗りした、一人ツッコミ、二人ボケツッコミのツボ攻撃は今でも思い出し笑いするほど強烈に面白かった~^^

「本日の記事タイトル」:小さな悪の華はすでに廃盤となったフランスの映画です。ただのロリコン映画だと思ってなめてかかると大怪我するような寡作です。ぜひ旅の途中で見つけたら背負った袋に納めて下しませ^^

最後、紅い髪の水先案内人。鍵コメ様がセイレン譚の手を引いて、おずおずとボートに乗るシーンが浮かんでいます。、また新しい街で、楽しく、そして嗚咽を漏らしつつ背徳と冒涜の甘美に涙ぐんで下さい。

新しい美徳が、向こう側との接点から凱旋してくること、心待ちにしております。

良い旅を!鍵コメさま、蒼い月に輝く銀の妖精…

HIZAKI

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります