おやすみ、涼くん

風 土の匂い ほんのり苦い 緑のあかちゃん

指の隙間から 石英 天空の珠玉が 笑ぉてる


風 風 微笑んで 瑠璃色に 染まったよぉ

樹液の脈動 大地のカルピス 小さい息吹になるねんよぉ


きらきら珠玉 あぁ ここに 中間子があったんなぁ

ふわふわ時間 あぁ ここに 時の隙間があったんなぁ


新緑の燻香と 黒土のざわめきが 

ぼくを抱っこしはるん 愛でてるの


うつらうつらの一瞬が やおら儚く嬉しゅうて

おねえちゃん… ぼくを ゆりゆり起さないで


そぉっと ぼくを寝かせてあげよぉ

今だけは ぼく、 ぼくを大事にしよぉ


眠り姫
PIC By Naniyoshi


ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

泉坂さん

いつもご訪問ありがとうございます。
ほんわか雰囲気が伝わったようで僕も嬉しいです!

涼くん世界の設定は時間が連続せずコマ送り…もしくは停止している状態にしております。
成長しないで、喜怒哀楽が自然にあふれる、永遠の妹(弟)。
お手すきの時は一緒に遊んでやってくださいませ^^

HIZAKI

ダメ子さん

> ごろごろだらだらとか私は表現力が低い…

いえいえ、とてもよい表現でだと思います^^ さらにダメ子さんは鋭い感性が伴っているので浄化の必要はないですよ~ ブログコメントのレスポンスを読んで、とある姫様がその感性を絶賛していました!!

世間はGWですが、僕には関係ないので、涼くんたちと一緒にごろごろだらだらとヒッキー修行に励みますw

YUKA さん

いつも大忙しなのにコメントに時間を割いていただきありがとうございます。

新緑の季節、涼くんものんびり自然の一部になっています^^
どうか、そっと横に行って一緒にお仕事で疲れた体を癒してくださいませ!

ぼくもYUKAさんの横に行って… はい、YUKA姫ファンに消されそうなので、余計な事は致しません(笑)

真っ盛りの春。ノンビリできる時間が取れたら、うつらうつらと季節の風に気持ちを乗せて、ゆぅくりと夢の世界でお休みください^^

HIZAKI

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ほんのりほんわか優しい詩ですね^^

大事にしますよ、優しくしますよ、自然は人間特有の差別はなく、すべてに平等です。生も死も。

涼くんにも自然の摂理が働くのでしょうか?

それともその摂理がとどかないところで浮遊してるのかな?

私も時の狭間で永遠でいたいものです。

No title

相変わらず涼くんは表現力が高くて
私もお外でごろごろだらだらしたくなりました

ごろごろだらだらとか私は表現力が低い…
鈍感な大人になっちゃわないよう
土の匂いで浄化しないと

おはようございます^^

時の隙間

とても素敵な表現で、ゆらゆらその間を涼くんは漂っているのですね^^
温かい春の時間にピッタリで、ふんわりした空間。

お昼寝が、春の気配と涼くんの心を映し出しているような散文で
さすが言葉の魔術師!!^^

HIZAKIワールド、大好きです^^

起こさないようにそっと近づいて
私も涼くんの隣で、うつらうつらお昼寝したいです^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ころなさん

こんばんは!生活リズムは楽しく弾んでいますか?

そうなんです。涼くんの生活空間は時が止まっているのです!
だから、のんびり微笑んだり、泣いたり、甘えたりです。
もう、学校にも行かなくてよいのです☆

時の感覚がないので、中間子とか中性子、電子色々見えますw
世が世ならノーベル賞ですね(笑)

いつもご訪問、ありがとうございます☆

HIZAKI

Mamu

いつもありがとうです^^

遊び心を持ちながら、率直なコメントいただき、読んでる自分が照れちゃいます(*^ω^*

涼くんは昭和の子なんですね、きっと(←時代設定してない^^)

雑木林、水たまり、泥の川、二層式洗濯機w 当たり前の中に、居場所を探してる不思議な子。かいてる僕が一人ぼっちだから、逆に僕が涼くん依存症なのかな(笑)

涼くんとお昼寝してやってください^^ タオルケットを置いておきます。

目を閉じてても感じるキラキラの粒を一緒に楽しんでくださいネ☆

HIZAKI

No title

のんびりお昼寝ですね
涼くんの目には、いろんなものが見えるのですね
中間子とか@@
ここは時間の隙間、ときが止まってます
この時間がずっと続いたらいいのにね

電柱|д・)ちらり・・・

すやすや涼くん、、可愛いね。
夢みてるみたいな。。

HIZAKIさんの世界は、子供の頃みたものをすごく思い出させてくれます。ソーダ水みたいなカンジ^^

HIZAKIさんの目には、あの頃みたままのものが、ずっと鮮明に見えてて、だから、こんな風な言葉にできるんだろうなぁって思います。←超抽象的コメ(笑)

子供の頃って、洗濯機の泡をじーーっとみてるだけで発見があって、色とりどりの泡、はじける瞬間とか、綺麗で感動したり・・
感動って言葉さえ知らないから、ありのままに感じて言葉にしてた気がする

目をつぶってるからこそ見えるもの沢山あったし^^

緑の赤ちゃん・・・そんな風にうつって言葉にできるHIZAKIさんの心って本当に綺麗だなぁって思う☆

とても小さな沢山の確かなものたちに深く深く包まれて、
涼くんといっしょに、ゆったりとお昼寝したい^^

「今だけは ぼく、 ぼくを大事にしよぉ」って言葉。。
Mamuが帰ろうとするところを、涼くんが手をひいてくる感覚になりました。

”ぼく”を、”自分”を確かめるように 大事にしよぉって、、

なんだか、この一文、すごくつたわってきて
切なくて、胸がしめつけられました。

涼くんにはもっと欲張りになってもらって
今だけじゃなくて ずっと ”ぼく”を 大事にいてほしいって思います。
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります