紅い花

春の衝動 芳香の渦巻 女神の産毛にさすられて

いつも無口な婆さまも お喋り婆にならはったぁ

婆さま 固い拳を開き 掌にある唇まで開くんさ


娘さん こんな婆々でも たまには紅をひくもんさぁ

娘さん こんな婆々でも 色気をそうそう捨てきらん


寒くて温い 季節の隙間 誰でも腺が緩むよなぁ


凛凛美人の娘さん でも甘えん坊の女の子

たまには泣いてもええんょぉ 大きな声で 雲雀の声で


ごつごつ硬そな その腕に 紅ぁく群れる 艶の唇

婆さま そっと 優しい接吻を うちの頬にくださいなぁ

たおやかな細い指 うちの髪 すぅと梳いて くださいな

梅のおねえちゃん
PIC By なによし


ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヒナタさん

> ものごっつコメント遅くなりましたが、あまりにも素敵な詩でしたので、コメントさせてくださいませ!

いえいえ、さらのものごっつ返コメ遅くなってごめんなさいです(・ω・;

お褒めのコメントいただき、ムッチャ嬉しいです!!
おねえちゃんも、お茶目で前向きなヒナタさんだと甘えてしまうかもしれないですね^^

ご訪問とコメント本当にありがとうございます!今後もよろしくお願いいたします。

HIZAKI

YUKAさん

遅くなってゴメンナサイ。。。

春がもうすぐの時に頂いたコメントの返事が春真っ盛りの時になってしまいました^^;

ふとした時に悲しくなってしまったおねえちゃんに、そっと寄り添って頭をなでる優しいご婦人のイメージでした。まだ寒い空気の中に凛とほころぶ紅梅のお婆様、YUKAさんの頭の中にイメージ浮かんだこと感謝です^^

いつもご訪問とコメントありがとうございます。

HIZAKI

ペレさん

ペレさん、返信遅くなりゴメンナサイです><

老練で茶目っ気のある紅梅の婆様に、おねえちゃんへの語りかけを含めてみました。
いつもペレさんがおねえちゃんに感情移入してくれるのを思い出しながら文を充ててみました^^

すでに季節は、梅から桜、桃に移り変わってます。
春のかけ足は速いなぁ…もう新緑溢れる時期もそろそろですね!

いつもご訪問とコメントありがとございます。

HIZAKI

八少女 夕 さん

返信が遅くなりすぎ…梅の季節が終わってしまってからの応答で大変恐縮でございます><

紅い梅はお婆様のイメージがあって、少し可愛らしいお婆様を充ててみました。
気分屋さんで、お喋りで、それでも人の気持ちを見透かすような愛情があり。。。

梅干しの酸っぱさって、良い表現ですね~ まさにそんな感じの紅梅さんでした。

ご訪問とコメント誠にありがとうございました。

HIZAKI

No title

ものごっつコメント遅くなりましたが、あまりにも素敵な詩でしたので、コメントさせてくださいませ!

紅梅のお婆さん、なんてあたたかく優しいのでしょう。
この紅梅さんと共に、私もお姉ちゃんを見守りたいなあなんて!
いつか涙も弱さも見せれる人に出会って、幸せになってほしい!

No title

紅梅が優しくお姉ちゃんを癒してくれているのでしょうか?^^

おねえちゃんはおねえちゃんだから、いつも凛として頑張っているのですね。
でもちょっと寄りかかりたい時も甘えたい時もありますよね。

紅梅の精がお姉ちゃんの気持ちをわかってくれている
寒い日の抜ける青空に紅色の梅の花が浮かびました。

春はもうすぐですね^^

No title

老木の紅梅はそっと優しくお姉ちゃんの顔を隠してくれる。
たまには内に秘めてる涙を流してもええんよ、と
とても優しい詩だと思います。
寒い季節から一転、春に向けての一瞬の合間、綺麗な梅の花は
お姉ちゃんの心を溶かしてくれたらいいな、と思いました。

No title

うかうかしていたら、次のになってしまいましたv-12

紅梅のお婆さまか。優しいのですね。
うん、紅梅には老練でしたたかなお年を召した花の精が似合います。どこかユーモアがあって、梅干しの甘酸っぱさがあって。
酸いも甘いも極めると、女は、媼は優しくなりますよね。
そうやって、お姉ちゃんを氣遣ってくれる自然は素敵です。
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります