かぐやひめ

竹青の花々咲く吹く妖の夜 か細い蟷螂の赤ちゃんが

泡粥のように湧き出しとる 風のない竹の森の億の奥


さめざめと泣いているのは 湿った腐葉土に濡れた裾

それとも 涼くんさがして さまよい疲れた脳髄の酔


濃厚な月光で乳白に濁る霧 竹の枝葉も邪気で縛らる

迷い呪われている亜の隙間 夢さえも霧幕に映り込み


産れたばかりの蟷螂の子ら くちゃり貪り食ろうてる

目のない粘性生物の映像は 地下茎に絡んで蠢いてん 


涼くんはこの小さな地獄で 彷徨い一人泣いてんかぁ

鳥さんうちの大事な輝夜姫 血まみれ涙のおとこの子


露さえはじく赤い羽根もて 地を這う蟻さえ射止める

天神様の目ぇで探してやぁ 血まみれ涙のおとこの子

おねえちゃんと赤い鳥
PIC By NANIYOSHI


ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いそさとさん

天女のような絵に、ちょっとおどろおどろしい散文をつけてしまいました=ω=
雪の日に時間の隙間に連れて行かれちゃった涼くん。。。

おねえちゃんと涼くんは心が一つなので、おねえちゃんが必死に探してるというコンセプトでした!
赤い鳥さんがおねえちゃんの心中察して、高いところから涼くんを探してくれています☆

おねえちゃんと、涼くんのお話ばっかりですが、飽きずに付き合って下さいませ^^

No title

幻想的なおねえちゃんのイラストと文章がとてもしっくり来てると思いました。
おねえちゃんの涼くんに対する思いが伝わってきた気がします。私が涼くんを守る!と思ってるんだけどおねえちゃんも涼くんを守ることを心の支えにしてるんじゃないかな〜なんて思いました。

八乙女 夕さん

おぉ!党首!コメントはいつでも大歓迎でございます☆

しかも長く考えた考察結果までいただき光栄です!

この物語?散文はもともと座敷童のイメージから発生して、そのキャラが現世でどうやって喜怒哀楽を表現するのか…のようなコンセプト(というほどでもありませんが)で進めています。

もともと、もう少し人間臭く描いていたので、当時おねえちゃんは14歳、涼くん6歳でしたが、現在はおねえちゃんが16歳くらいの設定でございます。

究極の性、究極の愛がどこまで描き切れるか。そして時間を止める、すなわち子供のままでいる、ということが幸せなのか、不幸なのか…ちょっと実験的な要素も含めております。

直近は、絵師様の個性あふれる素敵なイラストに合わせつつ、ものがたりうを散文として編んでおりますが、イラストのパワーに押されて遅筆になっています(笑)

カマキリの子供たちは物凄い数がワラワラ湧いて出てくるので、ちょっと恐怖感を覚えます。けっこう衝撃的な数でしょう?

今日は、続編をアップいたしましたので、ぜひぜひ愛でていってくださいませ^^

また党首のブログにも遊びに行きます。

HIZAKI

No title

こんばんは。

今ごろコメに参りました!
ここしばらくお姉ちゃんにとっての涼くんに注目して考察しているのですが、姫でありつつ男の子なのですね。他人ではなくて他でもないたったひとりのお姉ちゃんの、冷静でありつつ真心と愛情がこもった表現だなと思います。ただの「可哀想な子」という他人事のようなきれいごとの同情ではなくて、当事者としての立場と強さが見えてきました。お姉ちゃんって設定では、おいくつぐらいなのでしょうか。

なによしさんのイラストのお姉ちゃん、光り輝いて聖母のようです。どっちかというとマリア観音かな。この柔らかな燈で、涼くんの帰り道を照らし出してあげるのですね。

詩とは関係のない話ですが、小学校の頃、誰かが教室にカマキリの卵を持ち込んで、そのまま帰宅しまして、翌朝は教室中にミニカマキリが満ちていたという衝撃的事件がありました。

ダメ子さん

返コメ遅れてゴメンナサイです。。

コメ形式、パクったんじゃありませんよ!思いっきり盗んだのです!!
きっぱり(@へ@)

カマキリの卵lとアゲハチョウの幼虫は、作者の触れないものベスト・オブ・ベストです(汗) 地獄の象徴にしては可愛過ぎたでしょうか??

HIZAKI

No title

私の返コメ形式がパクられたw

蟷螂の卵って心臓の形をしてて
孵るときワシャワシャ出てきて蠢いてて…
涼くんの心もそんな風なのかしら?

No title

こんばんは!

変則的で恐縮ですが、皆様が同じ感想をお持ちのようなので、今回はダメ子さん風の返コメにて。。。

ストリーなのですが、相変わらず無粋で記事と記事の間の説明を全くしないのですが。。。じつは前回、合わせ鏡にとりこまれた涼くんを探しているおねえちゃんという設定?です。。。基本、読みきりなので気にされないようにお願いします(汗)

>泉 坂 さま、

こちらでは初めましてです^^
涼くんは闇を抱えて生活している幼児ゆえ、たまに闇に引き込まれます。2.5次元位の子供だと想像していただけるとわかりやすいかも。
絵師様から頂いた絵が輝いているほど、おどろおどろしい散文を付けるのは悪い癖かもしれませんね^^; でも一応、数か月はイラストを寝かして熟成させて入るつもりです(←嘘っぽい^^)
いつか、独特の曲線でうちの子たち(ネコ含む)を描いていただいたら最高です!!!

>ころなさん
涼くん、雪の世界で彷徨っちゃいました。。。
おねえちゃんが、一生懸命に実態を探しています^^ そんな物語にしてみました。
見失っても探し出すの連続!本当の愛とはこういうものかなって書いてみました。寄り添う壁もl、電柱も一つだけ^^ あとは思いやりだけえれば、立派な愛だと思ってます!

>YUKAさん
いつも、ご訪問ありがとうございます。
いつも絵師様の気持ちを裏切る散文を書きますが、意外と絵師様には喜んでいただいています。大事な大事な弟が、何所かに存在する限り探し回るおねえちゃんです!たとえ髪の毛一本でも拾って、もっともっと探し回るのでしょう(泣) 一回死にかけた涼くん…永遠に抱きしめあうことを信じて、魂を探しに行くおねえちゃん。YUKA姫のような天使です。

HIZAKI


No title

涼くんを探してさまようお姉ちゃん
涼くんもきっと、お姉ちゃんを呼んでいるかも

涼くんにお姉ちゃんが必要なように
お姉ちゃんにも涼くんが必要なんだなって

探して探して探して探して
心配で不安で居た堪れないのでしょうか

鮮やかな色彩が、かえって胸に迫ります

No title

かってな想像を

涼くんの心が、深い森にまよっちゃった><
答えを探して迷いながら
でも、涼くんは自分の本当の心を探そうとする
見つかるかな?

イラストを見ると、
涼くんを探してるのは、おねえちゃんのようにも見えます。
それとも、涼くんが
ここまで色っぽくなったのかなって@@

No title

こんばんわ^^

タイトルとは裏腹に、おどろおどろしい世界にびっくり!

心の闇がそんな地獄に涼くんを彷徨わせたのでしょうか?

さわやかに感じるイラストと闇を含んだ文章のコントラストがぐっときます。
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります