スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宴のあと

第一章  宮殿

その大地 硫黄と亜鉛 水銀と酸化鉄でできている
死んでいく陽の炎 老いた光は もう地平線に届かない

その空は 褐色の鉄粉 粉塵と硝煙にまみれている  
蝕まれた橙色の月 赤い滴は もはや何も潤さない 

狂気の淵で 廻り続ける 怒りと憎しみ 灼熱の舞踏会
焦土を漂う 苦悶の嗚咽 時を切裂く トランペットの悲鳴

こどもの群れ 悔恨で胸を掻きむしる子 銃の重みで座り込む子
鼠色の目 遠くの手足を 過去の部品を 見つめてる 呆けた目

骨砕かれ 肉裂かれ 粘膜焼かれ

ぼくは全裸で 這っておる 車輪に轢かれた 子犬のように
生爪剥がして 血ぃ吐きながら 大地の硫黄を 吸っておる

これは"一瞬"なのか? "永遠"なのか?
これは"過程"なのか? それとも"裁き"なのか?


第二章  聖母

噴出する静寂 抱れるぼく 
何もないのに 何かが包む

噴水たる静寂 透明の粒子 
何もないのに 感じる存在

慈愛と威厳は 透明の粒子 吐息で編んだ 無垢のレース
絡みつく蒼い指 腹 背中 頬を ふわり撫で 癒してく

そっと寄せられる口づけ 珠い唇は ゼラチンの砂糖菓子
甘いマシュマロ 血 体液 涙を そっと拭き 清めてく  

月は青く震え 真空を満たす エーテル分子 震動の共鳴
泣きやんだ子 祝福なる歓喜 静かにうねる 粒子の波音

・・ -・・ ・・ -・・ ・・ -

ぼくはレース纏って あるいとる 乳に満ちた 羊のように
梳かされた漆黒の髪 なびかせて 金色の陽光 浴びながら


第三章  審判 

私たちは与えた きみに正しい魂を
私たちは授けた 誰も妬まない心を

きみはきみ ほかの誰でもない!
ぼくはぼく ほかの誰でもない?

あぁ この先 誰も きみを貶めない!
あぁ この先 誰も ぼくを裁かない?

さぁ行きなさい! 
           うん帰らなくちゃ・・・
さぁ帰りなさい! 
           おねぇちゃんとこ・・・

嗚咽や悲鳴はもう止んだ トランペットは奪われた


第四章  追憶

夢とはちがう 夢みたん

お目覚め ちがうの 帰ってきてん



カーテン越しの朝浴びて お手手の先にはおねぇちゃん

ほそぉいお指にぎったら サンタさん来はったなぁって

。。。ドングリお目目ぇ 微笑んで



布団の中で考えた おねぇちゃんに触れながら

あの子たち 何人おうちに 帰れたろぉ?



聖夜の宴 そのあとで 

ちっちゃな 仔羊 泣いちゃった

おねぇちゃんの 指にぎり

まくらで 涙 ふいちゃった。。。。 

みんな一緒
PIC By なによし



ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やしまさん

もうこれは年末恒例で(笑)昨年はイラストなしでしたが今年はイラストがつきましたよ^^

今年もよろしくお願いいたします!

つい、タイトルに曳かれてしまいました(笑)。

まぁ、正月の余興って事で。

今年もよしなに。です!

Re: No title

鍵コメさま、まずお体をお大事に^^ 鍵コメ様とはゆっくりゆっくり間を詰めていくような不思議なご縁を感じています。僕も返信が遅いのですが、あきれずに今年もよろしくお願いします。

HIZAKI

八乙女夕さん

こんにちは!ヴェルディの「怒りの日」…知らなかったのでググってwikiで調べてみました・・・って三大レクイエムなんでものすごい言葉を持ち出されるほどではないです…

モチーフはヨハネの黙示録からですが、内容は思いつくがままでしたw 来年は三大レクイエムを聴いて買い手をしてみたいと思います。

>何人かの子供たちは、たぶんエーテルの中に優しく抱かれて・・・こういうイメージや言葉の端端に党首と波長が合ってることを感じます。僕こそ八乙女夕さんの文から、明暗のコントラストやテンポ、そして行った子もない土地の知識やイメージをたくさん学ばせて頂きました。

2013年も変わらずよろしくお願いいたします。

HIZAKI

Re: こんばんは〜!^^!

canaria師匠!!ご自身も休養が必要な時期にコメントいただきありがとうございました。

この散文からもはや一年、そしてcanariaさんと出会って一年以上たつのですね!

いろいろお褒めの言葉をいただいたり、茶目っ気たっぷりのコメントいただいたり、コラボしてみたりで、もはやブロ友超えてブロ親友ですねw

最近のcanariaさんの詩、切れ味が増してきて勉強になることが多いです。
2013年どんどん刃を研いで素晴らしい作品を披露してくださることを祈っております。

また、好調の波に乗ってきたら、あのcanaria節をどんどん聞かkせてくださいませ^^

では、今頃ですが今年もよろしくお願いいたします。

味蓼

YUKAさん

YUKAさん!!

すいません、返信、年明けちゃいました^^;

長文最後まで読んでいただいて恐縮です。当時いろいろな想像が広がって、湧いてきたので一気に詰め込んじゃいました(笑)
テーマごとにアップすると後で読んだときに、最後からあらわれてくるのが嫌だったので。。。

リアル世界でも、こんな世界観になっちゃていた僕をいつもいつも構って、優しい言葉を投げかけて続けてくれたYUKAさん、本当にありがとうございました。

お正月バージョンは、逆に可愛くしてありますので、一息ついてくださいませ。

ことしもよろしくお願いいたします。

HIZAKI

なによしさん

昨年の散文にご返信でごめんなさいです。

この散文はPixsivに載せているなによしさんの絵から発送して発展していったものなのです^^
「荒廃の地」。あの表情と背景色が印象深くて、ずっと頭の中で熟成させてできたものです。クリスマスの後に相応しいかもと思ってこの時期再掲しました^^

ことしも、なによし先生の「温かい」、「暖かい」、「哀しい」、「妖しい」イラストをお待ちしております。

相変わらずよろしくお願いします!

HIZAKI

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

想いのこもった散文詩。
拙い感想で上乗せしようとは思えません笑

今年も残りあとわずかだよ・・・♪
リンクの意味すら知らなかった、ブログ開設当初からのお付き合いのHIZAKIさん☆笑

本当にありがとうございました。
いつもとろくて言葉足らずのわたしですが、感謝の想いと、、電柱裏MamuとHIZAKIさんとの様々な思い出が胸に溢れています。いっぱい支えられてきました^^
来年は電柱から顔出しながら、伝えられなかった想いも、伝えられたらなって思っています。

HIZAKIさん、涼くん、おねぇちゃん、ふうちゃん、ここにお集まりのみなさま、すべての人が素敵な年が迎えられますように♪

これからもHIZAKIさんの素敵な世界をみせてくださいね☆

Mamu

拍手

(いつものことなので恐縮なのですが、返信遅く申し訳ないです)

コメントありがとうございました。
そのように感じていただけると、イラストと合わせて描いた甲斐があったなぁと、とっても嬉しく感じます。
いつも読んでいただいて本当にありがとうございます!

HIZAKI

No title

壮絶な詩、恐ろしい夢ではなくて、本当に誰かがこの同じ地球の上で経験させられている凄まじい現実。同じ歳の子供たちが、もらえたおもちゃが、お年玉の金額がと幸福な口を尖らせている時に、生きることすら辛いような状況に置かれていること。黙示録というのはこういうことを言うのでしょうか。

三大レクイエムの中で、もっとも壮絶なヴェルディの「怒りの日」を思い浮かべました。

涼くんはおねえちゃんの胸に戻って来れて、何人かの子供たちは、たぶんエーテルの中に優しく抱かれて、もう痛みも苦しみもないところへ帰れたのかもしれないけれど、それでも、たぶん帰れていないたくさんの子供たちを思って優しく泣いている涼くんが愛おしいです。

今年はHIZAKIさんの詩に言葉の重さと素晴らしさを学ばせていただきました。どうか来年も私の導き手として、時に楽しいお遊び仲間として、おつき合いいただけることを願っています。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

よいお年を!

こんばんは〜!^^!

涼くんや私たちのいる世界とは違うところで、苦しみ続けている子どもや大人がいる・・・涼くんはそんな世界を垣間見たのかもと思いました。
涼くんは感受性が鋭いから、いろんな世界と交遊できるけれど、今日の夢はちょっと辛かったのかも。
怖い夢から目醒めた時に、安心する人が側にいてくれるって、嬉しいけれど夢の名残があって、素直に嬉しいって思えない感じがちょっとして、涙が出てしまう気持ち、分かる気がしました。
凄みのある一章、緊張感を得て、最後になによしさんの優しいイラスト。
詩とイラストが一体となって、暗と明のコントラトを鮮やかに作り出しているなあって思いました^^
そしてHIZAKIさんの言葉のセンス、語彙力に脱帽!さすがですね!!

こんにちは^^

凄い。

散文の中に壮大な世界が広がっていて
涼くんが駆け抜けたもう一つの世界が鮮やかです。
哀しく苦しい、無情な世界

でもそこから救いも見えて、それがとても優しく感じて
安堵と小さな歓喜がまた見えるようです。

涼くんの居場所。
そこに帰ってきた涼くんに安心して^^
そこが一番の安息地。

なによしさんのイラストが優しくて、とてもホッとします^^


No title

こんばんは!
す、すごい・・・壮大な散文詩に開いた口がふさがらないです!
一章を読んで、戦地で泣きまどう非力な子たちが脳内に沸々と・・・
たまさんの「さよなら人類」という曲が頭をかけめぐっています

そして激励へと続くのですね!!
この発想が、私にはない、HIZAKIさんの独特のもので素敵だなぁといつも感心させられます^^
悲劇調だけで終わらせるのではなくて、口調もメルヘンにさせて・・・
でも、あの子たち 何人おうちに帰れたろぉ で、ドキッと凄惨さを物語っていますね・・・!!

無垢な魂の共鳴。。。
涼くんにだから分かる、感じるものがきっとあるのでしょう。。。
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。