うちゅうのたび


苔むした廃れ風車を支える やぐらの骨は 

それこそ細く わずかな風でもくずれそで


ぼく 一人座って 西日に伸びる風車の影を 眺めとる


そよぐ風 ゆかたの袖 ほろほろはためき

ぼくこそ 細く小さな骨が 消えいりそう


地平線に碧いとばりが浮上がり 金の女神笑うころ


そろそろ回る風車にあわせて 万物宇宙が周りだす

水銀の海 まき放たれた 数千粒のドロップ抱いて

廻りだす宇宙の舞踏会


ぼくは 果てない闇から闇へ 飛翔する白羽の矢 

一瞬の輝やき 刹那にやどった 異なるからだと 


薄氷の心・・・


それでもいつか 心から 微笑むために

百彩色の 宇宙に浮かぶ 小舟に乗って 

川面の燐光 両手ですくえば からだにまぶし 

ゆぅくりゆぅくり お目目を瞑って 流れる川に

脆い心 あずけよかぁ


永遠_なによし
  PIC BY NANIYOSHI

ランキング参加しております
2個のボタン、ポチクリと応援いただけると励みになります。

にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村




挿絵が気になる方は、なによし画伯のブログ「つらつら椿」へGO!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

タッキー@さん

はじめまして。「また 吐いちゃったと」という、絵本のような散文ブログを営んでおりますHIZAKI と申します。

散文に目を通していただき、お気に入りにの一節があったこと、ぼくも嬉しく思います。また、お手すきの時に遊びにきて、お気に入りを見つけてくださいませ。

HIZAKI

No title

【ゆぅくりゆぅくり お目目を瞑って 流れる川に
脆い心 あずけよかぁ】

最後のここが大好きです(^^)

Re: No title

ハコモリさん、ご旅行お疲れ様でした。
早速の訪問とコメントありがとうございます。
奇麗だと感じていただきとてもうれしいです^^
夢の宇宙で旅する涼くん、幻想の中で心の感度が上がっていくのかも。

HIZAKI

No title

こんばんは☆
旅行から戻ってきたらステキな詩が~!

風車のしめって静かな風景から一転、
星々のきらきらした色とりどりのかがやき、スピード感がまばゆいです!
とってもきれいだなぁ…。
薄氷のようなもろくて繊細な涼くんの心が、
星の光に優しくいだかれますように!

canaria さん

こんばんは!いつもご訪問いただきありがとうございます。

最近連続して涼くんの宇宙観や幻想体験が続きましたね

>一瞬の輝やき 刹那にやどった 異なるからだと 

薄氷の心・・・

この一節はcanariaさんが創造したとおり、人生という一瞬の輝き、その一瞬が始るときに、心と体が一致していなかったという思いが込められています。

心の揺れと幻想世界、なによしさんの絵で一段と透明感を増していると感じています。

これからも、遊びに来てくださいませ。

HIZAKI

こまり@さん

嬉しくなっていただけましたか?ありがとうござうます。
『百彩色・・・勝手に作った言葉です。イメージできればいいや!というのりで
(たまに言葉を勝手に作ったりします)

> 涼君にもよっくんにもHIZAKIさんにも
> 地球そのものに素敵な情景を見ているのでしょうね。。。

こまり@さんにも見えますよ^^

HIZAKI

ねこねーさん

おぉ、ねこねーさんの世界では風車はジブリでしたか?
子の散文では風車を水車と読み替えても、なんの差支えはないので、どんどんイメージ膨らませてください。
「かざぐるま」は夏に描こうと思います。きっと似合いますよね^^

いつもご訪問と、応援コメントありがとうございます☆

HIZAKI

Suffii さん

Suffiiさん、いつもご訪問と応援ありがとうございます。
また時が動き出して現実世界に戻った時のお話も描きますね。

HIZAKI

いそさとさん

いそさとさん、いつもご訪問とコメントありがとうございます☆

涼くんの心の悲しさや切なさを言葉にしていますが、奇麗だといわれると一段と嬉しくなってしまいます!
また、涼くんのところに遊びに来て下さいね。

HIZAKI

YUKAさん

YUKAさん、いつもご訪問とコメントありがとうございます。

風車に廻されていく情景と綺麗な夜空をイメージしていただいて光栄です^^

涼くんは一人のときに、時の船に乗ったり、時が止まったりして不思議な夢の世界で幻想体験をします。

なによしさんのイラストで、透明感ある幻想が増幅されて、イメージの幅が膨らんでいるようです

HIZAKI[

こんばんは!

今日も相変わらずの美しく不思議な世界・・・
最近の涼くんの心は地から空へと飛翔しているようです。

>一瞬の輝やき 刹那にやどった 異なるからだと 


薄氷の心・・・

涼くんの体と心の事かなあと思いました。
自然や空や宇宙は性も心も全部ひっくるめて受けとめてくれる涼くんにとって
の居場所なのかも・・・

なによしさんのイラストが今日もとても綺麗ですねね^^
詩と絵が互いを引き立てあっていると思います!

No title

なんだか嬉しいです(笑)

『百彩色』初めてきいた言葉ですが、素敵な世界が広がります。


涼君にもよっくんにもHIZAKIさんにも
地球そのものに素敵な情景を見ているのでしょうね。。。

こまり@

No title

おっ、今日の詩の世界観は、
ちょっと昔のジブリっぽいぞe-420

風車ってなんとなく西洋のイメージで、
水車は日本っぽい風情がありますよね。
和の世界の涼くんのことを想っていたら、
ねこねーさんの中では、勝手に後半は
風車が水車になってましたe-305

そういえば、風車って「ふうしゃ」と「かざぐるま」の
両方の読みがあるんだなーと、改めて思ってみたり。
「かざぐるま」のほうの風車も、涼くん、似合いそうですよね。

No title

HIZAKIさん、こんにちは。
風車の動きに合わせて、涼くんが心をくるくる回転させて、
そこからきれいなドロップが降ってきて、
そして、最後の静かな落ち。

一連の流れがきれいでした。

今日も応援ポチして帰りますね(^^ゞ

suffii

No title

今日も綺麗な詩だぁ〜。

涼くん、ホントにいつか心から微笑む時が来るといいね〜。
でも逆に涼くんの葛藤がこの綺麗な詩を生み出してるのかな〜とも思ってしまいました。

おはようございます^^

わぁ~~

夕刻から帳の降りる時間の流れが見えるようです^^

風車に廻されていく情景――

私はとても綺麗な夜空が浮かびました。

澄んだ空気に天の川

なによしさんの涼くんが、美しいぐらい透明感があって儚さを感じさせますね^^

光の粒を涼くんが纏って、いつか心から輝く笑顔になるといいなぁ・・・


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

さすが!D先生。視点が独特ですね^^ 風車、水車って昔は普通だったのですけど。。。こんどは水車で描いてみましょうか(笑)
いつもありがとうございます。

HIZAKI

今晩は~

最近は 風車と言えば 風力発電の無駄な施設を思い浮かべてしまいます

苔むした崩れそうな風車なんて

ちょっと懐かしい気がしてしまいました^^
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります