ひなまつりの夢

しゅんしゅん沸くよな やよいの夜は 噎せかえるよう花の闇 

だれもが眠る沈黙の刻

眠りの隙間に潜れんぼくを やんわり呼んどる声がする


涼くん 涼くん おいでなやぁ

おずおず向かう お雛様の飾り部屋


桃の節句のお名残りで 甘く漂う砂糖の香り

静かにとまった 時の川

三弦の琴響き 桃灯篭に 照らし出された 七彩色の艶姿


やんわり語る お姫さま おねぇちゃんと同じ 優しい声

涼くん 楽しいお祭り ありがとなぁ

また時を駆け お次の春も 一緒に過ごそうや

それまでずぅと 可愛い女の子で居てくれなぁ


永遠を見詰めた微笑に 思わず姫を抱きしめて

冷い廊下で泣いたんの 胸に姫抱き泣いたんの


姫さまの 刹那の声を忘れんよう このまま時が動かんよう

漏れる嗚咽を呑みこんで 静かに咽んで泣いとった


ひな祭りの夜
 PIC BY NARUNARU


ランキング参加しております
2個のボタン、ポチクリと応援いただけると励みになります。

にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村



挿絵が気になった方は、絵師様のナルナルさん運営「DECA ナル絵」へGO!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

HIZAKIさん、こんばんは。
アヒルさんをいいこいいこして、村までお散歩して帰りますね。
今日は、大雨。
コートも靴のなにかもぜ~んぶにはっ水スプレーかけまくってお出かけしました。

suffii

No title

HIZAKIさん、おはようございます。

今日は私の吾陽流さんも溺れてしまいそうな大雨です。

HIZAKIさんのアヒルさんとお喋りして、もう一つのボタンの語りを聞いて
帰りますね。

suffii

Re: No title

安田さん、ご訪問、コメントありがとうございます。
リンク是非貼っていただけますようおねがいします。よろしくお願いします
HIZAKI

No title

春の描写が美しい…
そういえば今年まだひなあられ食べてないなぁ。

先日はリンクありがとうございました。
私もこちらのブログをリンクさせて頂きたいのですが、宜しいでしょうか。
どうぞ宜しくお願い致します。

ハコモリさん

山陽のどこからでしょうか?
旅先からのご訪問とコメントありがとうございます!

ハコモリさんのおっしゃる通り、春は昼も夜もウキウキしたり物哀しくなったり不思議な季節ですね。

この雰囲気にのって幻想的な文が書ければよいのですが(笑)

明日お帰りですね^^ 帰路もお気をつけてごゆっくりお帰り下さい☆

HIZAKI

山陽の地からこんにちはです☆
こないだ句を作ったときも思いましたが、
HIZAKIさんの詩、春がとても似合うなあと改めて思いました。
春の空気って、冬よりは心きびしく荒まないけど、
なんだかわけもなく嬉しくなったり、逆に無性に泣きたくなったり不思議な気分になりますよねー。

そしてやっぱり涼くんの中で、
おねえちゃんは不変のやさしさの象徴なんですね。
そんな愛を与え続けられるおねえちゃんも、
おねえちゃんを心から慕う涼くんも愛おしいです☆

なによしさん

いつも、ご訪問、応援とコメントありがとうございます。

無機質ながら魂を持ち時空を超えて存在する姫様の優しさと切なさ・・・何由さんの感じたとおり、感受性の高い涼君は、お姫様の囁くを理解して泣いちゃったのでしょうね。

いつまでもかわいい女の子でいられるように、やさしい目で見守っててくださいね^^

(僕もどっぷりシリアスな絵に驚きました)

HIZAKI

ペレさん

いつもご訪問と応援コメントありがとうございます!

ナルナルさんの絵に導かれるようにして、このような物語ができました。
魂のこもっている雛人形だからこそ、その名残惜しさは半端なものではないし、女の子の象徴に対する思い入れの強さも涙につながっているのでしょう。

また来年、もっとかわいい女の子の心で再開できるよう見守って下さいね。

HIZAKI

No title

こんばんは!
ひな祭り、てっきりほのぼのテイストかと思いきや、どっぷりシリアスで素敵な驚きです・・・!
お姫様を抱きしめて泣いた涼くんは、お姫様の無機質な、そして不変の切なさに泣いてしまったのでしょうか・・・><
移り変わっていくのが自然の定めですが、このお姫様はそれすら叶わずに・・・また来年の一日だけ、変わらぬ姿で佇むだけなんて・・・
だからこそ、涼くんにもかわらずずうっと可愛い女の子で居て欲しいと囁いたのかも・・・・
なんて、勝手に思ってしまいました。
素敵な散文とナルナルさんの絵が、ダイレクトに響いてきますね><!

No title

ひな祭りでこういう話ができるってすごいな!と思いました。
約1ヶ月くらい春をすごしてたのかな?役目を終え、また、押入れに
納まるひな壇とお姫様が名残惜しくて泣いちゃうなんて、
心が純粋なだけに涼くんが優しくみえました。
それを表現してるナルナルさんの絵も詩を優しく包んだような絵で良かったです。

canaria さん

うわわ~ 先生はやめてください(汗)超恥ずかしいです。
艶めいてきたのは、素晴らしい絵師様たちとの相乗効果ではないでしょうか?

泣いているのは・・・姫様の優しさなのか、自身の不安なのか。僕にもよくわかりません。
ただ止まっている時の隙間で、思いっきり涙を流す機会も必要なのでしょう。

いつもご訪問と、素敵なコメントいただきありがとうございます。

HIZAKI

ダメ子さん

いつもご訪問、コメントありがとうございます。

受けつながれ、受け継いでいくものですから大事にしてあげてくださいね。

魂の込められたお姫様だから涼くんはお話しできたのかも・・・

HIZAKI

ねこねーさん

ねこねーさん、こんにちは。
やっぱり泣いちゃいましたね~
でも。哀しさ、切なさ、優しさを感じ取っていただいて、僕も安心しました!
これからも、心と体のすれ違いで悲しい思いをするのでしょうけど・・・
優しく見守って下さいませ。

HIZAKI

Suffii さん

涼くんの気持ちを汲みとって頂きありがとうございます。
心と体のアンバランスと感受性の高さが生み出した奇跡のような夢。
その切なさを感じていただいてとっても嬉しいです。
なきむし涼くん、これからもよろしくお願いします。

HIZAKI

いそさとさん

いつもご訪問とコメントありがとうございます。

つらつら椿にも目を通していただいてありがとうございました。
色彩など感じていただいけると嬉しい限りです。

ひな祭り、涼くんには切なくやるせないお祝いかもしれません。
昼間はやさしいおねぇちゃんと一緒で、ずっと楽しかったのでしょうね^^

挿絵を描いているナルナルさん「DECA ナル絵」にも是非遊びに行ってみてください。

HIZAKI

こんにちはー!!

本当に最近のHIZAKI先生の詩は何か艶めいてます!!
上手く言えないんですけど・・・

全体的な色彩は暗闇なのに、ぽうっと桃色の香りと匂いが闇の中に浮かんでる感じがしました。
「花の闇」という冒頭の一文がとても印象的で、最後まで覆ってる感じ。
泣いているのは、成長が怖いから?とか深読みしてしまいました。
来年も、その次の年も、女の子でいられたらいいけれど、でも・・・みたいな不安も感じました。切ない・・・
ナルナルさんの、下から見上げた感じの構図も、涼くんの感情をとても伝えてますね^^

D.Matter さん

娘さんのお人形も大事にしてあげてくださいね^^
大事にするほどよい魂が受け継がれていくと思います。
いつも訪問とコメントありがとうございます。

HIZAKI

YUKAさん

一文でも気にいていただいて光栄です。
切ない絵が散文で活きてくれればよいのですが。。。
HIZAKI

No title

雛人形との別れも惜しむ涼くんは感受性強いなあ
もう飾るのも億劫になってきました

No title

ひなまつりe-477の涼くん、
女の子のお祭りで、ウキウキなのかな?
それとも、複雑な気持ちなのかなぁ?
きっと泣いちゃってるかもな…

と思ってご訪問したところ、やっぱり最後は
泣いちゃったe-351

でも、ねこねーさんが心配してたような
荒れ狂った感じe-269じゃなくて、
春先の微妙な切なさというか、
桜が散る時の哀しさe-235というか、
やさしい空気に溢れていたので安心しました。

涼くんとおひなさま、「和」な雰囲気がとってもよく
お似合いです。涼くん、大きくなったら、
すてきなお内裏さまに会えるとよいねe-319

No title

HIZAKIさん、こんにちは。

涼くんにとってのお雛祭りの日はとても、とっても大切なものなのでしょうね。誰よりも誰よりもこの日が過ぎゆかぬように祈っている涼くんでしょう。
せつないですね。

全体的に厳かな感じ。厳かな空間に圧倒されている涼くん。
たぶん、涼くんはお雛様たちと異質な部分を自分が持っていることを直観的に感じて、咄嗟ににお雛様を抱きしめたんでしょうね。
いつまでも一緒にいてね・・・と泣いたのでしょう。
そんな情景が伝わってきました。

応援ポチして帰りますね。

suffii

No title

今日はおひなまつりですね。
涼くんにとっては何とも切ない悲しいやるせない日。
お姉ちゃんが優しいからよけいに切ないね。

絵も素敵です☆

No title

それぞれのお方が描いた絵はタッチが違うにしても
どれも涼君なのが不思議です。

このところの、泣いている涼君の姿多いですね。

並ぶ言葉の美しさが悲しみを癒してくれているようです。

No title

嫁いだ妹の段飾りは 毎年のようにボクが飾っていたので

お雛様には 思い入れがあります

えっ?娘の人形ですか?そんなもの うちの奴にまかせっきりですからww

おはようございます^^

冒頭の、春の宵の形容がとても情緒的で素敵です。

特に「噎せかえるような花の闇」の一文がとても好きです^^



寝そびれて、夢うつつで聞いたお雛様の声に誘われて

語りかけられたその声で泣きだした涼くん。。。

ナルナルさんのイラストの涼くんの顔が、とても切ないです。
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります