つらつら椿

小雪はやんだ 早春の深い夜 

影さえねむる 深淵の小宇宙


そんな静寂に目が醒めて 月の誘いで闇散歩

子猫を抱いておずおずと 朧ろ半月 照す道


淀んだ闇の吐く息が 凛と尖って肌を切り

曖昧な白い月の光線が 麻酔となって脳髄へ


遠くに聴えるオルゴール ぼくと子猫の道案内

いつしか川原の蘆のやぶ 残雪の泥濘通り抜け


目前 やにわ現る 異空間 つらつら椿の大群生

残雪の上 咲き乱れる花 赤 緋 紅の大花唇


あぁ その幽玄美 漏る溜息 うわごとのよう 

異空間の妖しさに リンリン鈴の音 響き出し


鈴音に合わせて ポトリ 落つる 熟した艶花

ポトリ ポトリ つらつら椿 終焉の 血の宴


雪の純白絨毯に 滴滴と 赤い泪が 滲んでく

その色姿 床一面の 千代紙 お手玉 草双紙


いつしかゆぅくり響く琵琶の音に 椿が唄う昔歌


・・・ 遊びをせんとや生まれけん ・・・ 


ぼくはしくしく泣きながら 子猫を抱いて見続る

涙の向こう 月下に燃える つらつら椿 血の泪



ランキング参加しております
2個のボタン、ポチクリと応援いただけると励みになります。

にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村



↓ コチラもどうぞ
ハコモリさんの運営する「幼幼遊鹿」の記事からインスピレーションを頂いて描きました。当ブログに挿絵を描いてくださっている、なによしさんの運営するブログのタイトル「つらつら椿」の言葉の由来について書かれた記事です。

「幼幼遊鹿」は、言葉の美しさや楽しさ、奥深さを、たっぷりのユーモアでさらりと垣間見せてくれる素敵なブログです。詩や散文ならずどんな分野の方でも楽しめる素敵なサイトですので、ぜひ皆さん遊びに行ってください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

自分の個人的作品撮影となると全然別の話になるのですが、
仕事で撮影をする場合、わたしの好みやOKとするものが必ず良いものになるとは限らないのです。写真を綺麗に撮ったりかっこ良く撮ったりするのはプロとして当たり前ですが、仕事におけるインスピレーションとは『クライアントの意図や好みを理解し、また商品イメージやカタログ、ポスターなどを最終的に見るコンシュマーに購買意欲をもたせる為、どれだけインパクトや感動を与えれるかとゆうものでそれらを総合的に見て一番の最善が見えるもの』です。
極端な話、クライアントや制作の人の好みや注文で私が全然良くない(こうした方が絶対良い)と思って撮影したものが自分の作品になってしまう事もあるのです。クライアントさんが喜ぶ事が仕事において絶対ですからね。
好きな事は趣味である方が良いとゆうのはこうゆう事からでしょう。
もちろんわたしの自由に撮影をさせてくれる、完全おまかせの仕事もたくさん
ありますが。
長々と講釈すみませんでした。アマであるうちに自分の思うままの作品をたくさん作って下さいね〜最終的に言いたかったこと笑
応援ポチ完了です
ナメ猫八代目 脇田 敏

No title

切なくも綺麗な美しい情景が目に浮かびます。
映画のワンシーンを見てるみたい。

すごいなぁ〜。

ナメ猫八代目 脇田さん

ご訪問と応援コメントありがとうございます。
またリンク先へもご訪問していただき感謝いたします。

脇田んの撮影も、いろいろなものからインスピレーションを受けて、撮影の条件やポーズなどが先行して浮かんでくるのでしょうか? アマチュアの僕が言うのもおこがましいですが、作品を作るときに受けたインスピレーションと浮かんだイメージをどれだけ具体化できるかによって、結果の善し悪しがきまってくると思います。

なんだか変なコメント返信でごめんなさい。

HIZAKI

こんにちは

絵師さんの絵に対してではなく、文章からインスピレーションを受けて
書かれたんですね〜リンク先のブログにもお邪魔しました。
わたしの仕事によるデザイナーやクライアントからのラフスケッチから
インスピレーションを受け撮影をするに似てますね(^^)
応援ポチ完了です
ナメ猫八代目 脇田 敏

No title

応援ポチして帰りますね(^^ゞ

suffii

D.Matter さん

早速見に行きました^^
妖しくきれいな詩でした。
HIZAKI

今晩は

記事に触発されて

ボクなりのイメージを描いてみました

二番煎じで申し訳ないです(><)

Re: No title

ねこねーさん、こんにちは!
いつもご訪問、コメントありがとうございます。
「卒塔婆小町」調べてみます! これはこれで壮絶なタイトルですねぇ

今回はすっかりハコモリさん記事に触発されてしまいました!
ある意味、ちいさなマイブームです(笑)

HIZAKI

ダメ子さん

こんにちは!
いつも訪問とコメントありがとうございます。

> 溶けかけた固めの雪の上に椿の花がたくさん落ちて…
> 椿の花のボトリと塊で落ちるさまは寂しくも幻想的です

椿の花には独特の怪しい雰囲気がありますよね。
寂しく、幻想的な情景を浮かべていただいてありがとうございます。

HIZAKI

Suffii さん

いつもご訪問と応援コメントありがとうございます。

> 作風が定まらない時って、いろんな冒険が出来ますよね。
> ぜひ、ぜひ、様々な書き方にチャレンジなさってください(^∇^)

はい、勉強させていただきます!

HIZAKI

なによしさん

> ひゃっぺんくらいジャンピング土下座したい気持ちですwwwwwちゃんと意味を調べて使うべきだッ去年の10月の自分・・・

とんでもない、色彩に富んだ怪しくきれいなブログだと感じていますよ^^ 「つらつら椿」

散文からポトリと落ちる花の様を感じていただいてホッとしました。まだまだ描写が追いついておりませんが、読んでいただいて、コメントまでいただき本当にありがとうございました。

HIZAKI
> ひゃっぺんくらいジャンピング土下座したい気持ちですwwwwwちゃんと意味を調べて使うべきだッ去年の10月の自分・・・

とんでもない、色彩に富んだ怪しくきれいなブログだと感じていますよ^^ 「つらつら椿」

散文からポトリと落ちる花の様を感じていただいてホッとしました。まだまだ描写が追いついておりませんが、読んでいただいて、コメントまでいただき本当にありがとうございました。

HIZAKI

YUKAさん♪

こんにちは!
いつもコメントありがとうございます。
ハコモリさんの記事に触発されて描いてみましたが・・・
白と紅の情景を浮かべていただいたようで。。。何とかなったかなぁ^^;
ハコモリさんのブログはほんとうにまったりした時が流れていますね。
HIZAKI

No title

ハコモリさんの「つらつら椿」の記事が、
こんなところに派生して…e-349

椿って、妙に色っぽい花ですよね。
葉っぱも肉厚で艶やかでe-273

ハコモリさんの記事のコメントに書いた
椿の花がボタボタ落ちまくる蜷川幸雄演出の舞台、
たぶん『卒塔婆小町』です。

HIZAKIさんも好きそうな世界観だと思うので、
気になったら調べてみてください。

No title

溶けかけた固めの雪の上に椿の花がたくさん落ちて…
椿の花のボトリと塊で落ちるさまは寂しくも幻想的です

No title

HIZAKIさん、おはようございます。
作風が定まらない時って、いろんな冒険が出来ますよね。
ぜひ、ぜひ、様々な書き方にチャレンジなさってください(^∇^)
私には大きく分けて3つの詩風?があります。
今は、そのうちの1つが集中的に出てきます。
今日は月初めなので、違う感じを載せる予定⁈で
いますww
応援ポチして帰りますね(^-^)

suffii

No title

こんばんは☆
こっここでもつらつら椿の言葉を見かけてしまった・・・!!
ううう、ハコモリさんのところで意味を知るまでは超絶☆テキトーヽ(*´∀`)ノな感じで使っていたのですが、意味を知って何だかキレイな感じで「あーーやっちまったな自分やっちまったよ・・・」とひゃっぺんくらいジャンピング土下座したい気持ちですwwwwwちゃんと意味を調べて使うべきだッ去年の10月の自分・・・

それは置いておいて・・・(笑)
詩の椿の咲き乱れてポトリと落ちる様がすっごく・・・美しい!!です!
椿のぽとっと落ちる様子とか、何だか人とか動物みたいな感じだなぁと思ったり・・・!!赤は警告色だったはずですが何故かすごく魅入ってしまう椿の様子がまざまざと描かれていて素敵です(≧∇≦)

こんばんは♪

わぁ~~鮮明に情景が浮かびますね(*´∇`*)

私も以前椿について調べていた時に知りましたが

HIZAKIさんにかかると、こんな風に表現出来るんですね^^

月明かりに、椿の紅と積雪の白が浮かびあがってくるようです^^



ハコモリさんの記事も凄く好きです^^

ほんわりと柔らかい空気が流れて、優しい気持ちになるんですよね~^^

suffii さん

こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。
新しい境地・・・というか、作風が一定しないので、その日の気分やテーマで表現が変わってしまうのです(汗) またすぐに、ふわふわしたものを描くと思います・・・たぶん^^
HIZAKI

No title

HIZAKIさん、こんばんは。
いつもはふわっとしているHIZAKIさんの詩が今回は、凛としているというか、厳しい雰囲気を持つというか・・・新しい境地が見えてきているような、そんな気配を感じました(^^)

涼くんの成長も曲がり角かな?
それともお姉ちゃんに変化かかな?

suffii

ハコモリさん

先日の記事からどんどんイメージが膨らんでしまいました^^
むっちゃ褒められて、どうしていいか分からないくらい・・・w

ちょびっと語句を変えましたので(リズム重視にしました)、またお手すきの時に読み返していただけると幸いです。

いつも、励みを頂き、本当に感謝しています。

HIZAKI

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんわわわわわわっっ!!!!
わーぎゃー、なんてなんて美しい光景なんでしょう!!
中盤までの少しぼんやりとした月夜の風景が、
突然のつらつら椿の出現によって、色鮮やかになってゆくー!
椿の強い赤と雪の白の対比がこれまた…
すごすぎてなんか泣きそうです!!
そしてウチのブログまで紹介してくださり、
ほんとうにありがとうございます!
なんだかなんだかもう、胸がいっぱいだー! うれしいよー!
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります