鬱々の果て

だっぷり澱んだ 深い緑の大きなお池

小川の向こうの 湿地に隠れた 風で揺れないそのお水


ぷうんっと すえた堆肥のかおり その界隈は 

シダやギシギシ ドクダミたちでむせかえり


ブタクサなんぞ 折り重なって息絶えて 

朽ち果て沈んだ木造船 ミドリムシのご祭壇 


泥の表面ミドリの膜は 大浴場の不潔なタイル

ぼくの裸足 にゅるにゅるにゅるりと滑り出し

とぷり なまみず 腰と胸お顔を 順々沈めてく


不愉快な粘液お顔に絡みつけ 潜り着いた澱みの底で

のべつ生まれるクラゲの子供 ぼくは目ぇだけ出して底魚 


ゆるゆる舞っておちてくる いろんな影絵を眺めてよう

指で腐葉土粘土ねりながら 小さなお城を築いてみよう


欝々のひ
 PIC BY NEKOYA


ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 今日は詩ぢゃなくて、絵の方が…。

やしまさん、
いつもありがとうございます!!
えーと、そういわれるとそうとしか認識できなくなっちゃいました・・・
そのうち女の人の顔に変わっていくかもですよw
絵に魂が入ったかな?
HIZAKI

今日は詩ぢゃなくて、絵の方が…。

とっても気になってます。
いやいや。
詩は、いつもの通り素敵なので、何度も来ては読み返してます☆

でね。
読み返していると、此の絵が気になるのです。
涼くんの顔の右にあるモノが、毎回、“御面”に見えてしまって…。

見えませんか?“御面”に。

Re: No title

> 子どもって汚いものや気持ち悪いもの
> 残酷なところありますね。
> うんうん、納得です。
>
> すっかりつまらない大人になったなと・・・
> よっくんのそんな感覚も受け入れられないこともあるんですよ。
>
> 正直なありのままの涼くん(HIZAKIさん)に教えられることたくさんありますね。

なんか恐縮です・・・忘れかけているだけなので、ふとしたときにフラッシュバックしてきますよ^^
こどもの感覚を頭っから否定して馬鹿にする人がつまらない人だと思います。だから、たくさん受け入れてあげて同じ目線でお話ししてくださいね~

これからも、よろしくお付き合いください!
HIZAKI

No title

子どもって汚いものや気持ち悪いもの
残酷なところありますね。
うんうん、納得です。

すっかりつまらない大人になったなと・・・
よっくんのそんな感覚も受け入れられないこともあるんですよ。

正直なありのままの涼くん(HIZAKIさん)に教えられることたくさんありますね。

ダメ子さん

ダメ子さん、いつもご訪問ありがとうございます。
僕もねとぉり、にゅるにゅる感覚で書きました。
大変恐縮ですが、伝わって少しうれしいです。
これからもよろしくお願いします!!
HIZAKI

ハコモリさん

ハコモリさん、いつもコメントありがとうございます。
可愛いものや爽快なもの、気持ち悪いものって、子どもはどこか共通した感覚で接しているのでしょうか。大きさの感覚はずいぶん変わってしまいますが。。。
子どもの時の風景が蘇る・・・だなんて、嬉しすぎるコメントです。
ありがとうございました!

HIZAKI

No title

こんにちは☆
今回の詩の沼、淀んだ感じがあるのに
小さな頃に、よくザリガニ釣りに行った近くの沼を思い出して
なぜか懐かしいような、安心するような気持ちになりました。
その沼はもうだいぶ前に整地されてしまって、
大きな葬儀場になってしまいました…。
HIZAKIさんの詩を読むとよく、小さな頃に見ていた風景が
よみがえるんですよねー。
不思議です!

No title

ねっとりした感覚が伝わってきて
私も気持ち悪くなってきました…

あっ、でも大丈夫です

こまり@さん

こんにちは。コメントありがとうございます。
ときには真っ暗なときも、残酷なときもあります・・・子供なのだから。
そういうものを目にしたときは、お気を使わずにスルーしてくださいね^^
HIZAKI

No title

何だか見事に暗すぎてなかなかコメントかけずにおりました。
(正直ものも私です)

でもどの作品も言葉選び(遊び)がすごく良いですよね。

暗くても明るくても巧みに表現されていて感心します。

いつも応援しています。ポチポチポチ

HMOさん

HMOさん、こんばんは!
書き手がウツモードなので、涼くんもウツモードです。
急になるのですが、急に治りますから少しお待ちください。
いつもご訪問ありがとうございます。

HIZAKI

No title

涼くんの鬱モードですか…
でも、いつかはきっとそうならなくなる日が来てくれるといいなぁ〜、なんて思ってたりします。
では、応援全ポチしていきます!

ねこねーさん

ねこねーさん、いつもご訪問と楽しいコメントありがとうございます!
うつモードに入るとねぇ。もう空気と触れるのさえ嫌なんですよね。ましてや外なんて。。。でも涼くんは知らず知らず、陽のイメージを選んでいたんですかぁ。フカフカ潜伏中の涼くん復活早いかな。
HIZAKI

いそさとさん

いそさとさん、こんにちは。
いつもご訪問とコメントありがとうございます。
この子は繊細なので、特別なきっかけがなくとも一瞬でウツモードに切り替わっちゃいます。急に黙っちゃったり、泣き叫んだり、しくしく泣いたり・・・小っちゃいけれど大人と同じ感情の波があるのでやるせないのですが。。。
また気落ちが上がってきたら遊んでやってくださいね☆

ななさん

ななさん、こんにちは!いつもご訪問ありがとうございます!
涼くんはウツウツになって非現実の世界に逃げちゃいました~ でもきっとすぐに帰ってくると思います。
えーと、バンドをやっていたころは、主にドラムでドカンドカンしてただけで、柵渠も作詞もほど遠い日々でした。。。応援しかっと受け止めさせていただきましたっ!

No title

こんにちはe-343

涼くん的には鬱々してるのかなぁ?

でも、ねこねーさん的には、日陰の植物とか
腐葉土とかプランクトンとか、じつはかなり好きなので
逆に「陽」のイメージなんですよね。

腐葉土のふかふかベッドは、
植物にとてもやさしいv-22

イラストにある涼くんのお布団みたいにね。

No title

HIZAKIさんの感性には改めて圧倒されます。
色彩的には必ずしも明るくないのに、なぜでしょう、恐怖がないというのでしょうか。
NEKOYAさんのイラストもあいまって、すっかり現実と夢の狭間へ誘われてしまった気分です。
HIZAKIさんはバンドをされていたころは、作詞や作曲もされていたのでしょうか。
きっと、素敵な作品と推測いたします☆
応援ぽちが今日もHIZAKIさんと涼くんの心に届きますように。

No title

世の中はきれいなきれいなモノばっかりじゃないんだね・・・。
楽しいことばっかりでもなくて、気持ちも上がったり下がったりするのですね。繊細な涼くんはちっちゃくてもいろんな事を感じながら生きてるんだなーーー。って思いました。

悲しい死骸を充分つっつき終わったら深い緑の大きなお池から上がって来てくださぁい☆

ペレさん

こんばんは!先日はリンクのご紹介までいただいてありがとうございました。嬉しくてペレさんのページ何回も読みなおしちゃいました^^
涼くんはウツ気味で潜っちゃってます。。。布団の中で想像で。
根っこが病んでる子供なので、少しゆがんだ想像しちゃいますが、子供は子供!すぐに、わぁーいって明るいところで遊び始めます、
波がありますけど(書き主の反映か?)よろしくお付き合いください!

HIZAKI

YUKAさん

いつも遊んでくれてありがとうございます!

子供だから、すぐにすうっと手を伸ばして泣きだします。
おねぇちゃんが間に合わなかったら、YUKAさんがそぉっとひっぱてやってください。幼児でもウツウツの日はあるのです^^;

HIZAKI

No title

今回の涼くんは、かなり落ち込んでますよね。
相当、深いところに落ちてる感じがして、なかなか抜け出せるのか分からないくらい、
深い領域に落ちてる、そんな感じでしょうか?
まるで、汚泥の水底に涼くん自身が隠れたい、出てきたくない、
そして、底の上から眺める風景は、たぶん手をのばせば届くはずなのに
それをさせようとしない自我(骸)が邪魔してる。
めちゃくちゃな解釈をしてしまいましたが(汗)なんか読んで思わず
インスピレーションで答えてみたくなったのでやっちゃいました(^-^;)

こんばんは^^

今日の涼くんは、いつも見ているものたちの中で
鬱々と沈んでいるんでしょうか?

何か哀しいことがあったのかな?
つらいことがあったのかな?

底に沈んで見上げている色んなものたち
果てに辿り着いたら、きっと今度は少しずつ浮かびあがれます

底に沈んで見上げているのなら
そおっと手を伸ばせば上がってこれますね

そうしたら大好きなおねえちゃんが、手を握ってくれるはず^^

なによしさん

こんばんは!いつもいつもありがとうございます。

沈んでいく涼くんを映像化していただき、深層の思いまでイメージを馳せるとは!深すぎます!! 人は欝々するとお水に寄って行くのかな・・・
ぎりぎりドン底まで落ち込んで。。。でも追悼ごっこにいそしんじゃう幼いウツウツ。
ドキドキありがとうございます!!

HIZAKI

No title

こんばんはっ!
うおお・・・亡骸を悼んで、亡骸たちの思い出に浸っているように感じました(´;ω;`)
汚水の中へ、深く深く沈んでゆく涼くんは、いろんな死骸=深層の中の思い出 を感傷しているように感じられて・・・><
海は涼くんの心・過去の思い出 の象徴でしょうか・・・
亡骸を悼む涼くんの悲しみが漂っているよう・・・

追悼のようなお話にドキドキしました・・・!
応援全ポチ済みでっす☆
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります