あしび

馬酔木のおはな

なにいろ ももいろ

おねぇちゃん


ぼくと おねぇちゃん いろ いっしょ?

うすぅい うすぅい 

もものいろ おねぇちゃん


ぼくと おねぇちゃん いろ いっしょ?

うすぅい うすぅい 

しろいはな ぼくのいろ


手ぇつなご おねぇちゃん

なぁつなご おねぇちゃん




ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

はる

はるがきたよ はるがきた

はるがきたよ はるがきた


蕾から乳が迸る春だ

頭ムズムズする春だ


焚上げる 春の香に ただ吠えたくて 哭いた

咽かえる 春の香に ただ哭きたくて 吠えた


さいたさいた さくらが咲いた

桜桜桜さいた さくらがさいた


脈動



ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

さくら

虚妄の飾りで見栄えることに執着し 一代ぽっちの命を選んだ私

時を経てその失ったんの 大事さ気づき 唖然と地べたを這いずり回ぁて 

天や地に請ぅてはみても うちは美しさだけを愛でられて老いていくだけ


うちの下半身 シダシダシダと地中に伸びて

阿鼻叫喚 酸鼻の呻き 地獄の池を足で探って にちゃり蠢く妄人の 

甘美な肉の腐養分を取り上げて 漆のような樹液をジュルジュル 

ジュルリと吸い上げるん その恍惚と背徳に ハラハラ泪を吹きあげて


桜 桜 桜の花弁 それこそ屍人のなれの果て 

狂喜の破片 薄く削がれた骨片と 微々とひそむ髄と血液

ちょぴり混ぜたベンゼンの芳香・・・


うちの嗚咽を 天の憐みが同調し 天の子供がプゥッ吹きあげる

うちの腕から 指々から放たれる 悔恨の標本に人々は酔ぉてはる

ほんのり淡い 白い吹雪 


うちは朽ちていく 腐っていく 死んでいく 狂っていく

うちは朽ちていく 腐っていく 死んでいく 狂っていく


せめていつか とおいいつか 想い出してくれるかい?

今日ここに 今日ここで 老木が しくしくと泣き咽んでいたことを



おねぇちゃんとさくら
PIC BY NANIYOSHI


ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります