樹木

雑音に監視されてん? 首の骨 そーらグリグリ桃太郎

ポッキン 折ったら 死んじゃうの? 思い出の品 腐れもんは

家族に届きひんしぃ よかったね


胃洗浄? はぁ胃洗浄?? してほしい? 

にゃぁはっははw そんなこと 誰が決めんのよぉ?


難しいね 眠たいねぇ あんたは子供 抱っこしたったる

あぁ 焼鳥と焼きそば? ぜーんぶ ここにお吐きぃや



ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村



胎児

LSD PIC BY 「なによし」


どこまでも まったく なにも存在しない 虚無の歪みが ぼくを吐き出したんやろか

はてず吹きよる 乾いた風たち持ち寄った 砂塵や埃で煉られた塊なんやろか

なんせよ 苦痛の時間は動かない


産れるものと 腐敗していくもの 行き先は同じなのに

謳歌する子 苦痛に顔をゆがめる子 まだ罪を犯していないのに


じっとしていなくちゃ この薄い膜の中で 足先から砂になって 

乾いた風たちに 運ばれないように



ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村



ガラスの子 (改)

それこそ質の悪い原料を まったく安いコークスで

怠惰な男尊女卑の職人が ひろったルツボで融解し


半端に創った硝子の立像 性器の有無さえ判らない


混ざりこんだ不純物 その全身を黄ばませて 胆肝つまった新生児  

腕の腐った職人仕事 その全身に無粋な気泡 ぶつぶつ浮ぶ水疱瘡


できそこないが 半端に拵えたできそこない

あげくの果てに お肌の全てが曇っとるぅ!


だから捨てられたんの 隅っこに 町のはずれの原っぱなぁ


くもったまなこは いっつも空を仰ぎみて

天神さまや 菩薩さまを探しとる ぼくにも翼をくださいなぁ
 
くぼんだまなこに しとしと溜まった雨水が いつしか腐ってこびりつき

ほら ぼくのお目目はねぇ ラムネとおんなじミドリ色

・・・---・・・ ・・・---・・・ ・・・---・・・

ある日だれかが お拾いなさって 白い袂であたため帰り

小さな洋館 飾り棚 花瓶の横に ちょこんと置かれた お人形


拭いてくださる ハンカチで まいにちまいにち 少しづつ

曇りガラスのお肌やけれども まいにちまいにち 少しづつ


そしたらぼくの 心が透んで みんなぼくは穢くないと はっきり

みてくれはるん なるんかなぁ?


いつしかぼくの 目も透んで ぼくを拾ったお方の顔が はっきり

みられるんよう なるんかなぁ? 

        にっこり笑ぉてくれるかなぁ?




見上げる涼君
PIC by EIKO



ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




夏の一日

胸の鼓奏者が心を病んで ぼくも動脈と頭を病んでもうた

真っ白な記憶 秒針だけが刻む 耳に障る時の音

たったそれだけ それだけなのに ちんわり滲む目尻の涙 


泣きたければ まばたきすれば良いのだけれど

泣かなければ 小さな胸の歯車が コットン半拍 噛み違い

鼓奏者の心も癒えて ぼくの障りも治るかな


灼熱の生ぬるい欠伸 お空を覆う 赤紫色のふんわりレース

町の真ん中大通り お囃子稽古 蚊取り線香 発電機のガソリンと

イカと醤油の焼ける臭い 金魚のお空に反射する 子供たちの笑い声


またいつか あそこにまざろな おねえちゃんと手ぇつなぎ

朝顔のたくさん咲いた浴衣を抱いて 薄いピンクの帯まいて

ねぇ あの綿飴はまだ甘いかな


野原の輝き
PIC BY なによし


ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村



続きを読む

プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります