こどものて

晩秋の夜は澄みきった 夜の粒子を銀のハープ 揺らがして

秋の王のお姫さま 子供たちとのお別れに 鈴の音そっと配っとる


よぉよぉ 心に刻んときぃ お山のてっぺん 高い雲 

いちばん星の 金糸を伝ぉて ゆぅくり落ちる水銀の雫 儚い波長


さぁて 一緒に作った お布団だんだら 浅黄と紅の縞模様

みんな一緒に入りやぁ 眠れんくても くすくす笑ぉて


小さく かさかさ ささやき声で ふぅわり 小さな寝返りさん

お姫さまぁ バイバイなぁ 赤ちゃんの 柔んわぃお手手で ひらひらと 


紅葉
PIC By EIKO


ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

白い吐息


朝のお庭は まぁだ星のかけらが融けきらず

薄い氷の かみそりが ほっぺ切って逃げていく

じんわり ほのかに暖かい 肺の奥から タバコのけむり

タバコの匂いの おとうさんは こんな朝も寝てはったね

いつもお酒の匂いがしてたんに あの朝だけは静かな香り

冷たいお手手 一晩添ぅても ちいとも温ぅならんくて

だから おやすみ おとうさん しばらく ゆぅくりおやすみやぁ

夏になったら また起きるよね 川で遊ぼや おねえちゃんも

ビールは少しお減らしやぁ もうお水の中で寝たらあかんよぉ

また 冷たくなっちゃうよぉ



ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





ネコクリスマス

うちの子猫が紡ぐわた ふわふわふわぁって 子雪になって

商店街の道端で 小さく渦巻く つむじに乗って 遊んでる


クリスマス ぼくには サンタさん なにくれるんかな

クリスマス 優しいおねえちゃんは マリア様が遊びにきはる


クリスマス ふうちゃんは… ねこだから わからない…


せやから ぼくとおねえちゃんが ネコサンタクロース 

ねえねえ ネコのお洋服 買ぅたげよぉかぁ マフラーもええねぇ


曇る前 ピッカピカのお昼すぎ お陽様の金粉に たぁぷりまみれ

もわもわぁって お昼寝してる子猫はお留守番 その子の初めてクリスマス

だれかがそっと 遊びにくるとええねぇ ふうちゃん 

huuxmasnohutari.jpg


ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





クリスマス・イブ (改訂・再掲)

メリー・クリスマス☆ おねぇちゃん!

あのね あのねぇ おねぇちゃん。。。

おねぇちゃんにだけ 教えたげる。。。 今夜はねぇ・・・♪



からだを間違えて 産まれちゃった子も

こころを間違えて 産まれちゃった子も

愛し方や愛され方 知らんで育っちゃった子も

マリア様が みんなを 抱っこしてくれる夜なんよ


こんな小さな世界でも

砂漠や 海や いろんなところで

お月さまや お星さま

お顔がちがって みえるやろぉ? 


だから いろんなとこで いろんな子が

いろんな時間に おんなじように 愛されて 祝福されんの

おんなじように


傷つけちゃった子にも 壊されちゃった子にも

イエス様が にっこり 微笑んくれる夜なんよ


小さなほしに住んでいる

小さな生きもののなかで

もっと小さなぼくたちは

きっと一番に愛されるん


泣いていた ぼくたち マリア様に 抱っこされ

イエス様の腕(かいな)に包まれ 聖なる微笑で 

祝福されんの 大事に そう大事に 愛されんね


毎日 ずっとは 無理やろなぁ。。。

でも でもなぁ 今夜だけは おんなじように 

愛されるんよ 愛されるんの みんな みんな

おんなじように・・・・ 愛されんねやぁ・・・ 

おんなじよう・・・・・・

教えたげるぅ。。。。。 おねぇちゃんだけねぇ、おねえ。。ちゃ。。zzz 



おやすみ・・・ 涼くん  

ハッピー・クリスマス・・・・良い夢を

あったかいね




ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




宴のあと

第一章  宮殿

その大地 硫黄と亜鉛 水銀と酸化鉄でできている
死んでいく陽の炎 老いた光は もう地平線に届かない

その空は 褐色の鉄粉 粉塵と硝煙にまみれている  
蝕まれた橙色の月 赤い滴は もはや何も潤さない 

狂気の淵で 廻り続ける 怒りと憎しみ 灼熱の舞踏会
焦土を漂う 苦悶の嗚咽 時を切裂く トランペットの悲鳴

こどもの群れ 悔恨で胸を掻きむしる子 銃の重みで座り込む子
鼠色の目 遠くの手足を 過去の部品を 見つめてる 呆けた目

骨砕かれ 肉裂かれ 粘膜焼かれ

ぼくは全裸で 這っておる 車輪に轢かれた 子犬のように
生爪剥がして 血ぃ吐きながら 大地の硫黄を 吸っておる

これは"一瞬"なのか? "永遠"なのか?
これは"過程"なのか? それとも"裁き"なのか?


第二章  聖母

噴出する静寂 抱れるぼく 
何もないのに 何かが包む

噴水たる静寂 透明の粒子 
何もないのに 感じる存在

慈愛と威厳は 透明の粒子 吐息で編んだ 無垢のレース
絡みつく蒼い指 腹 背中 頬を ふわり撫で 癒してく

そっと寄せられる口づけ 珠い唇は ゼラチンの砂糖菓子
甘いマシュマロ 血 体液 涙を そっと拭き 清めてく  

月は青く震え 真空を満たす エーテル分子 震動の共鳴
泣きやんだ子 祝福なる歓喜 静かにうねる 粒子の波音

・・ -・・ ・・ -・・ ・・ -

ぼくはレース纏って あるいとる 乳に満ちた 羊のように
梳かされた漆黒の髪 なびかせて 金色の陽光 浴びながら


第三章  審判 

私たちは与えた きみに正しい魂を
私たちは授けた 誰も妬まない心を

きみはきみ ほかの誰でもない!
ぼくはぼく ほかの誰でもない?

あぁ この先 誰も きみを貶めない!
あぁ この先 誰も ぼくを裁かない?

さぁ行きなさい! 
           うん帰らなくちゃ・・・
さぁ帰りなさい! 
           おねぇちゃんとこ・・・

嗚咽や悲鳴はもう止んだ トランペットは奪われた


第四章  追憶

夢とはちがう 夢みたん

お目覚め ちがうの 帰ってきてん



カーテン越しの朝浴びて お手手の先にはおねぇちゃん

ほそぉいお指にぎったら サンタさん来はったなぁって

。。。ドングリお目目ぇ 微笑んで



布団の中で考えた おねぇちゃんに触れながら

あの子たち 何人おうちに 帰れたろぉ?



聖夜の宴 そのあとで 

ちっちゃな 仔羊 泣いちゃった

おねぇちゃんの 指にぎり

まくらで 涙 ふいちゃった。。。。 

みんな一緒
PIC By なによし



ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります