野薔薇

<其の一>

この子は喋れん幼児けど いつのころからじっと 私の横に居ったんか

私もまだ子供で小さくて 美しい青年になるため 自らの心を尖らせて 頑なに身体を想い守っていた

同じ時をあるくこの子は あい変わらずの無表情 ごくたまに静寂の妖精と目を合わせくすっと笑った

ときの川は流れつづけて いつのまにやろか


私の枝葉に触れるようになった

私の幹に抱きつくようになった

私の腰で昼寝するようになった

私の肌に接吻するようになった


ときはさらさら流れ 私は少年になり 青年を咆哮し 壮年を謳歌して 老木になった 


私とこの子は 一つの空を見ているのに 

私とこの子は 違う時間をあるいている

涼くん ねぇ 私きっと先に朽ちるんな


けどまた若芽が出たときに 私の話をしておくれ そして永遠に見つめておくれ 愛してやっておくれ


nobara_1


<其の二>

ある日 聴いた わたしの老いた耳で はじめて この子の声を

はじめての声は 泣き声 うめき声

乾いた 果実を 絞り出すよな 僅かな涙

あぁ もう体液がどんどん血潮で流されてん


潤いのない 果実の絞りかす わずかな血と涙

ごつごつの肌を通し 幹の内側まで浸していく幼児の血と涙


血だらけのお顔 赤黒く染まったお手手 のろのろ もたれて

ひざまずいて わたしの腰に そっとそっと もたれて・・・


あぁ 春の風よぉ この子の寝息 空の宮殿にあずけておくれ

あぁ 春の風よぉ この子の血を 可愛いお花畑にしておくれ



わたしはこの子 この子はわたし 

この子は心臓を止めたよ わたしもすぐに朽ちていく

どのくらい経っただろう 子供は土になっている

わたしも 還る時が来た 長い長い時間の沈黙 大地と最後の接吻 


意識がなくなる刹那 最後の最後の夢をみた・・・


怪我がすっかりなおった幼児 粛々と微笑えみ 私に向かってあるいてくる

老い乾たわたしの肌をそぉと 唇で愛でてから 野薔薇にお顔をちかずけて

そのまま ゆぅくりゆぅくり 芥の塵になって 乾いた風に運ばれていった


野薔薇_1
<PICS BY NANIYOSHI>





ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

小さい秋

小さい秋
PIC BY EIKO



ぼくとふうちゃん見つけたよ

小さい秋 見ぃつけた


夕焼けバイバイ 手ぇ振って

椋鳥たちの 笛の声


ぼくとふうちゃん見つけたよ

小さい秋 見ぃつけた


遠くの煙突 夜吹いて

砂利道流れる 墨の川


ぼくとふうちゃん見つけたよ

小さい秋 見ぃつけた


おしろい花ぁ 夕化粧

お迎えおねえちゃん カーディガン


小さい秋 見つかった

ぼくとふうちゃん見ぃつけた






ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





ないと・めあ

月の明るい 秋のよる 青い照明 野犬の涎

いつの間か 夢魔に見染められた うちは眠れない… 

いや意識は落ちる けど眠れない


うちは子供を締めている 力いっぱい泣きながら

紫色のチアノーゼ 濁った紅い目の視線が合うて

ありがとう おねえさま やっと出発できるんな


うちは大人を刺している 返血あびて泣きながら

血だらけのシャツ 震えた唇から一筋の血が流れ

ごめんなぁ おねえさん やっと許してくれんな


だから 月の明るい 秋のよる うちは お布団は入りひん

ねこさん追って トタトタはしる 座敷童の足音が

おひるねさんの オルゴール


おねえちゃん昼寝
PIC BY なによし



ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





秋の娘

夕焼け小焼け 柿の朱色が沁みこんで 優しい色に染まってく

空き地で遊ぶ子供たち きいきい哭かはる三輪車


かぁごめかごめは いつのころ

ポケットいっぱい ドングリつめて

がっこうかえりの 道すがら

ふたりでみつめた 秋の艶


夕焼け小焼け 柿の朱色が沁みこんで 哀しい色に染まってく

空き地で遊ぶ子供たち カレーの匂いが呼んではる


くもったレンズの 眼に映えた

おもいでいっぱい むねつめて

おねえちゃんとの かえりみち

にぎった手と手は 女の子


思い出
PIC by EIKO



ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





赤い蝋燭と人魚

誰も知らん海の底 魂のさざれ水晶が降ってきよるん

毎日毎日休みなく 幼児の手から零れ落ちる砂みたい

ふぅわり ふんわり さざれ達 ゆぅくり

微笑んで うとうと 泣いたり にぎったり


さあさあみんな おねむりやぁ ゆぅくりお疲れ とりなされぇ

なぁなぁみんな おいでなやぁ たぁくさん僕と あそんでやぁ


遊びに飽いたら お手手あげぇ ぼくがそとまで おくうてこぉ

これからみんな いらしゃっる 光りのおうこく 愛だけのくに


微笑んで うとうと 泣きやみ にぎってる

さざれの 赤ちゃん ゆぅくり てぇつなご。。。


赤い蝋燭と人魚



ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





続きを読む

プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります