静脈

昼間のお部屋で お耳にはいる 

ちいさな響きを探してみれば

時を刻む ちいさな機械の 静脈音と

土やら葉っぱを 弾いてる お空の涙 鈴の音


雨はお空の涙やろぉ?

すこぉし哀しい楽団が ちいさく奏でる

七拍子。。。 ちょっぴり 泣きたくなっちゃった


雨がお空の涙なら

ぼくの涙は どこに降るん?


にほんブログ村 ポエムブログ イラスト詩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


おひるね

きしんでる ぼくの心

心の臓器に痛みを与え そんな痛みに 

誘われた 慟哭と なみだ


なみだ ゆるゆる 頬を 流れ落ち  

その水滴が 月の香りに まぶされて 

なおさら たっぷり ぼくに 絡みつく 


甘美の波動。。。 そこに

ゆっくり からだを あずけておれば

すぅっと 忘れる からだと 心の すれ違い

乾いた涙 お空に帰る 気体ならば


心のきしみを 気化させて

ただ 残される 月の香りと 子犬の匂い 


ふぅーん ぼくには 間違った 

身体が 与えられて もうてんな


そんな 心のきしきし 気化さして

ただただ 残された 月の香りと 子犬の匂い 



やぁやぁ あちこち 痛いんでぇ

さぁさぁ からだの 汗を拭いてぇ 

もう一度 お昼寝しよかぁ。。。
 

月の香りと 子犬の匂い タオルケット

  

蒸し暑い日

↓↓ その一ポチが励みになります 是非是非ぽちっと ^ω^ノ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


記憶

川原 ヒメジオン ハルジオン 

おねぇちゃんと お花摘み

お手手つないで ぽっかん おそら みあげれば 

初夏の おそらを みあげれば

そーらごらん ピッカピカの 飛行船 飛行船 飛行船。。。

ピンクや ブルー 銀と 真珠 そしてオレンジ 緋色と黄緑

お空に まいた マーブルチョコレート


リアルか 夢か いまはどうでもえぇやんや
 

ぼくは おねぇちゃんと 見たんだもん

おねぇちゃんと お手手つないで 見たんだもん


飛行船

↓(^ω^)ノ ポッチしてなぁ・・お記念にぃ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


クリスマスのころ

・・・ おねぇちゃん

探しに行かんで ええねんかぁ? 落としもの

ほら 白いシーツに 溶けていく そのさなか 

きっと手ぇから 離したん ぼくぅ

あれから 何かが ぼくから 欠けてんな


ぽっかり空いた 小さな洞窟 胸のなか

涙が湿度を与えてなぁ 嗚咽が粘りを与えてなぁ

お胸の中に 黒ぉく溜まった 悲しいにおい

知らず ゆぅくり 育ててしまってん


失くしたものは 我慢なのか 尊厳なのか・・・

いやきっと 希望やろぉ


幸せな子が このまま大きくなれますよぅ

そんな希望を 小さなお手手で握ってたん


そんな希望は 骨や神経 筋肉なんかの 激痛で

あえなく 小さなお手手から するりと離れて 行ってもたぁ



 涼くん 涼くん。。。

 お探しいくの やめときやぁ

 いったん離れた希望やろぉ?

 
  もっと 大きく可愛ぃ なったらなぁ
 
   いつか ふんわり笑えるように なったらなぁ

    いっぱい おてがみ書けるように なったらなぁ


 お手紙かこぉか いっしょになぁ


「もういちど 新しい 希望を おくってください

サンタさん」




↓↓(@ω@)コレコレ ポッチィ や

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


ささやき

お部屋の 天井に いつからか

ヘビさん お住みになってはる

おひるは まったく うごからへんけど

お天道様が 西の山に 落ちたころから よぅよぅ動かはる


お家の誰もが ヘビさんの 影も 気配も

まったく だれも 感じひん


ぼくだけ しってる ヘビさんはぁ

真っ白 白くて 背丈が ぼくとおんなじ位かなぁ


おやすみなさいを ゆぅたころ 

ヘビさん ゆぅっくり 這いおりて

ヘビさん ゆぅっくり 這いおりて


潜ってきはるん おしりからぁ

・・・ ゆぅくり ぼくに入ってきてぇ


ぼくと ヘビさん こころが おんなじぃになってんな

いっしょに 離れていくん 身体から


ぽわぽわ ぽわぁと お部屋の 空をただよって

いっしょに いこうや 

もっと もっと 楽しいとこなぁ

ヘビさん ぼくに いぃはるねん 


漂ってる ぼく よぉよぉ観える


ぼくと おねぇちゃん ポカポカ ねてはる 

温くそうにぃ よぉよぉ観える よぉ観える  
 


せぇやろ もっと観たいやろぉ?

もっと お空の上に いかへんかぁ?


ただ、ただなぁ おねぇちゃん いっつも

大きな お目目ぇ ぱちくり 開いてんねん


大きな お目目ぇ ぱちくり 開けてんねん



小さいけれど 切ないけれど 空気を切るよな 

短い声で  


あかんっ!


あぁ朝やん また夢々なぁ けど。。。

たまぁに ほんまのこと ちがうんかぁ 

かんじること あるねんで


おねぇちゃん


でもでも なんも きかんで えぇ?

なんも きかんで えぇねんなぁ?


HIZAKI


(`ω~) 目ぇつったぁ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村







  
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります