七つのお祝い (改訂)

かぞえの 七つになったんで

可愛いおべべで 節句の準備 

鏡の中で 飾ったぼくは お口に紅さし 可愛いなぁ


おねぇちゃんが 笑うてる

ぼくの背中と 鏡の中で 笑うてる


でもね でもぉ

おねぇちゃんの 妹は

からだも 心も 壊れとるん

からだと 心が ばらばらなんよ


すぃっと 心が 後ろに 引かれ

目の奥 巡る 旋律は

かすかに おぼえ 刻まれた

波打ち際の 旋律で 


 通ぉりゃんせ 通りゃんせぇ・・・


こんなぼくでも 天神さまは

にっこり 通して くれるんか?

ちっちゃな胸に ちっちゃな 悲しい矢が ささり

ぼくは 鏡を見ながら 泣いちゃった


ぼくの七つのお祝いに ごめんね ぼくは 泣いちゃった

泣いちゃった…
PIC by EIKO



ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【七つのお祝い (改訂】

かぞえの 七つになったんで可愛いおべべで 節句の準備 鏡の中で 飾ったぼくは お口に紅さし 可愛い

コメントの投稿

非公開コメント

いそさとさん

引き続き、ご感想いただきありがとうございます^^

そうですね^^ 涼くんは一応7つの設定なのですが、絵師様が感情を入れてくださるので、その時の状況や感情で大きさが変わってます。だいたい5歳から10歳くらいの幅で観られるのかな?
おねえちゃんの懐の中で、大きくなったり小さくなったりして、少しづつ心が安らかないなると良いなぁ…

いつもご訪問ありがとうございます。

HIZAKI

No title

7つの涼くん。だんだんといろんなことが分かるようになって来る年頃ですね。分かれば分かるほど切なくなるよね。
涼くんはこんなに小さいのにいろんなことをいっぱい背負い過ぎちゃってるからかなんだか年より落ち着いて見えます。

でもおねえちゃんの愛に包まれて少しずつ胸に刺さった悲しい矢の傷を癒していってほしいな。ゆっくりゆっくりでいいと思います。

ペレさん

ペレさん、こんばんは!
いつも心に響くコメントありがとうございます。

涼くんは6歳から7歳くらいを行ったり来たりしています。作者が時間を止めているので成長してないですね(汗)

でも、もともとのコンセプトは涼くんやおねえちゃん、お母さんが・・・・それでお兄ちゃんが・・・・・だったのですが。

今はすでに立場逆転で、HIZAKIが涼くんに励まされ、ブログで知り合ったお友達に励まされになっいます。

ここまできたから、涼くんの心の傷や、刺さりっぱなしの小さな矢、体に巻きついた棘のツルを全部取っちゃうまで続けていこうと思っています。

天神さまからの帰り道までお付き合いくださいませ^^

HIZAKI

No title

涼くん、もう7つになるんですね。
本当は楽しい節句のはずなのに、心の傷が邪魔をして・・・
楽しいはずなのに、不安と恐れが笑顔が上手く作れなくて・・・。
本当に、心に刺さった冷たい矢は、
どこまでも涼くんを侵蝕しようとしている。
それでも、必死に抵抗しようと涙で浄化しようとする。
涼くんの幼い心は泣く事でしか自分を守れないから(涙)

通ぉりゃんせ 通りゃんせぇ・・・の歌がすごく悲しさが伝わってきました。

ころなさん

いつもご訪問くださってありがとうございます。

はい、ちょっと切ない涼くんの心と体。
おねえちゃんは、ちゃんとわかっていて妹扱いしてくれます^^

七つを超えてどんどん目立ってくる身体の印。
止まっている時間の隙間で、お姉ちゃんと涼くんに優しい心をそのままに、たくさん遊んでほしいものです。



HIZAKI

YU'KAさん

こんにちは!

この散文は思い入れの強い作品の一つで、いつ再掲しようと考えていた一作です。
だんだん自分のことがわかってきた涼くん。
なんで、あんなひどい目にあったのかわかってきた涼くん。。。

去年までは笑い声にあふれていたいろいろお祝い事や記念日に切なさ真央混じりだして…

本当に心のそこから笑える日が来るのかな?
来たら物語が終わっちゃう(泣)
でも来てほしいですね!

HIZAKI

なによしさん

なによしさん、こんにちは☆

そうですね、1年くらい前に書いた散文です。当時もEIKOさんの作品で書かせていただきましたが。今回さらにパワーアップしたイラスト寄せてくださいました。

あと、あのときは家族にいたおかあさんの表現をとって、あとは細かいところを少し改訂しました。

このころから、文章が短文化してきたような気がします。。そしてなによしさんとコミュニケーション取り始めて1年超えましたね。

限られた家族、限られた生活範囲…どこまで続けられるのか頑張ってみます!

HIZAKI

No title

涼くん、7つになったんですね
女の子のお祝い、お姉ちゃんだけが、分かってくれる
うん。一人でも、分かってくれる人がいると
心強いですね
心と体の違い、
これからも悩みは増えるでしょう
でも、負けないで
優しく育ってほしいですね。

こんばんは^^

そうか。
七つのお祝い。。。

嬉しくて切ないお祝いですね。
おねえちゃんは、いつでも涼くんの味方。
きっと想いをわかってくれる、とっても大切な人ですね。

泣いちゃった涼くん。
小さな胸に色んな想いをいっぱい抱えて
それがとっても切なくて愛しくて。。。

いつか心から笑う涼くんに、涼くんが出逢えるようにと思ってしまいます。
いつかね^^

No title

こんばんは、HIZAKIさん(*´∀`*)
これは昨年の。。。
とっても印象的なおはなしを創造される方だなぁ、と切なく繊細な涼くんの言葉に、胸がヒリヒリするような感覚を覚えたものです(/_;)

おねえちゃんと一緒になって、可愛い妹が笑えるように。。。

Eiko先生の涼くん、陰影が凄くはっきりされてて、ドキッとするような美しさです・・・(*´Д`)!

八少女 夕 さん

こんばんは。いつもご訪問ありがとうございます☆

おねえちゃんは涼くんを妹としてみてくれているので、一生懸命きれいに飾ってくれてます。これから体が成長していく涼くん… でも、お医者様にも観てもらっているので、少しづつ心と体が一致していくと思います^^

僕もGID は障害ではないということを、涼くんを通して学び続けていきます。

あっscribo ergo sum は、好きで勝手に観に行っているので足跡はお気になさらずに。。。

by ひんぬー党 宣伝係長(←降格してるw)

No title

七つのお祝いは、女の子のお祝いだから、お姉ちゃんは一生懸命お祝いしてくれるのですね。

だけど、涼くんは、心だけが女の子である事が悲しくて、心から喜べなくって。

大きくなればなるほど、その差異に苦しむ事が増えるんですよね。女の子のお祝い、成長のお祝い。単純に七五三や成人式を祝える女の子たちをどんなに羨ましく思う事でしょう。

P.S. うちへの訪問は氣にしないでくださいね。調子のいい時にいつでもどうぞ。いつも通りにマイペースで更新しています。
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります