ひみつ

お昼寝しすぎて 眠れん夜は

虚ろのすきまを 抜け出して

そぉっと忍ぶる 奥の部屋


おねえちゃんの お鏡台

ふるびた朱色の 布よけて

あちらのぼくは 笑ぅてない


あちらのぼくは 男の子ぉ?女の子ぉ?

あちらのぼくは 悲しいの?哀しいの?

豆電球の四畳半 ほんのり涙のぼくがおる



おねえちゃんの お鏡台

あちらのぼくに 微笑むために

小指でそぉっと 紅ひいた


こちらのぼくは 男の子ぉ?女の子ぉ?

あっちのぼくは むこうのぼくは女の子

豆電球の四畳半 微笑みながら泣いてたん


くちべに
PIC By まめひや


ランキング参加しております
ポチクリと応援いただけると励みになります

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





贈り物のイラストにて更新です!

とっても淡ぁい、ふわふわのイラストブログ「中村豆百貨」のまめひやさんから頂きました。

5000HIT のキリ番踏んだ記念に2枚も素敵な絵を描いてくださいました。
(もう一枚はこちら

こちらのイラストを先に頂いたのですが、どうしても晩秋の夜の雰囲気で散文を充てたかったので、なんと! 4か月も寝かしてしまいました(まめひやさん、お待たせいたしました)

ふんわり癒されたい方は・・・ ⇒ 中村豆百貨 へGO!
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ひみつ】

お昼寝しすぎて 眠れん夜は虚ろのすきまを 抜け出してそぉっと忍ぶる 奥の部屋おねえちゃんの お鏡台

コメントの投稿

非公開コメント

いそさとさん

いつもご訪問ありがとうございます。
アリスみたいに鏡の中には入れたらよいのにね^^

ぜんぶ逆だから、あっちの涼くんは女の子の涼くんかも!
でも、涼くんは鏡を通して、自分の中の本当の自分を探しているのかも☆

HIZAKI

No title

こんにちは。
小さい時、鏡の向こうにはこっちとそっくりなんだけど何かが違う世界があるのかもしれないなんて思ったりしました。

もしかして鏡の向こうの世界の涼くんは女の子かもしれないですね。あっちの世界に行けたらいいのにね。切ない感じがします・・・。

ねこねーさん

そうですね~ 家具は職人さんの魂が宿るといいますが、確かに和風と洋風で趣が異なりますね。

西洋家具のからっとした雰囲気と和風家具のズシッとした雰囲気の差でしょうか?

貞子が出てくるとしたら和風の鏡台の方が怖いですよねw

鏡自体にも不思議な魅力というか魔力があるようで、夜中に蝋燭一本で自分の顔を見つめ続けていると気が触れるとかなんとか…それだけ、一昔の人には不思議で怪しい道具だったのでしょうね。水銀使ってたし。

涼くんは代々の鏡に何を映してみているのかな?鏡に映った自分ではなくて、あちらにいる子供を愛しんでいるのかなぁ・・・その時間はおねえちゃんが後ろに来ても鏡に映らないかもしれませんね^^

いつもご訪問ありがとうございます!

HIZAKI

No title

和物の鏡台って、なんだろう…
趣きあるけどちょっと怖いイメージ。
鏡っていろんな意味で、いろんなモノが
取り憑いているような…

ロンドンで暮らしていたときの部屋にも
年代物のドレッサーがありましたが
それは古くても怖くなかったですね。
うん、でも鏡自体はやっぱり怖いかな?

涼君の鏡台は、おねえちゃんの鏡台なので、
自分の姿といっしょにおねえちゃんの姿も
見えているのかしら。

ダメ子さん

> こっそり起きて…ってなんだかドキドキ楽しそう
> でも自分の事を考えると;;
> そんな夜中のテンション

こんばんは!
こっそり布団を這い出して、一人で「夜中」を全身に浴びると
夜の重さと圧迫を感じますよね ドキドキ・・・バクバク・・・
自分の胃腸の動く音や、よもすれば血流の音まで聞こえてきそうな・ω・
癖になると悪い子になっちゃうから、ほどほどに^^

HIZAKI

やしまさん!

> Έρωςだよなぁ…。

いやいやその通りなのですよ^^
表現方法がたくさんあるだけですから、こだわることなく妄想くださませ!

HIZAKI

ころなさん

こんばんは、いつも訪問ありがとうございます。

涼くんは泣き虫なので、ちょっとした気持ちの揺れで泣いちゃうのです…
夜の畳部屋、鏡の前で涼くんの心は何を感じているのかな?
これは、ぼくにも分からない。。。

ちょっとだけ、おねえちゃんの口紅借りて。
鏡の向こうの僕が可愛くなったって、ニッコリする涼くん子供らしい☆
涼くんの毎日を一緒に見守ってくださいね!

HIZAKI

YUKAさん

YUKAさん、いつもありがとうございます。
ボケボケ病でご無沙汰してしまいました…

空気の上に薄く薄く線を載せたようなまめひやさんのイラスト…本当に素敵でした
YUKAさんのおっしゃる通り、自分の散文を添えるよりも、まめひやワールドから囁き聞こえる唄を書き留めたような感じでした。だから、おのずと歌詞のような調子になって…

子供にとって、夜中に薄暗い部屋で鏡を覗くのは怖い>< それをこえてまで、あっちの子が好きなんですね涼くんは。きっと^^

真ん中の涼くん、これからも可愛がってくださいませ☆

HIZAKI

ペレさん

いつもご訪問と、深いコメントありがとうございます!

そうそう、まめひやさんの絵が独特で…ペレさんかなによしさん、どちらかの経由で辿り着いたと記憶しています。
柔らかい鉛筆画に惚れてしまって^^ 本当に2枚も描いてもらえるとは!! 縁って本当に不思議ですね!
掲載のイラストをはじめて拝見した時、瞬時に南こうせつの「夢一夜」が浮かんだのですが、あまりにマッチしているので、引っ張られないように…そして少し似た雰囲気を出すのを頑張ってみました^^

鏡の中のぼくにお話しかける涼くん。子供の夢をいつまでも追いかける涼くん。そろそろ妖精になってきたのかな?

現実世界、僕の周囲でこのようなお話しできるリア同僚、友人はおりませぬ><

HIZAKI

早乙女 夕 さま

いつもご訪問とコメントありがとうございます☆

実は、土曜日から月一くらいで気力が抜ける症状が出てしまいました…三日位で治りますが。。ご返信遅くなってすいません。ご訪問も…

さて本題、涼くんにとっては、あちらの僕は別人格の女の子なんですね。どうしたら、一緒に遊んだり笑ったりできるのかな? どうしたら手をつなげるのかなって…可愛い世界観を持ってる貴重な子供です。
またいつか、やさしいおねえちゃんが、素敵な解説をしてくれることでしょう。

> どうしたら、涼くんを慰めてあげられるのだろう。ディスプレイのこちらで考える私です。

本編よりうまいこといわれてしまった><

HIZAKI

No title

こっそり起きて…ってなんだかドキドキ楽しそう
でも自分の事を考えると;;
そんな夜中のテンション

まめひやさま

飛んできていただいたのに、こちらがぼんやりで返信おそくなってすいません。。。
ふんわり寂しい秋の夜をうまく表現できたか否か・・・自信のないところですが。

また、キリ番企画やってくださいね^^ 今度は涼くんとおねえちゃんの水着を予約しておこうかな?

んーっ…。

Έρωςだよなぁ…。
何度読み返しても。

僕の、思考だけじゃなく、感受性まで狂ったかも^^;

No title

涼くん、鏡の前で、泣いちゃったのかな。。。
現実の涼くんは男の子
超えられない壁・・・
現実を受け入れるのか、立ち向かうのか

でも、鏡の前だけでもいいから
微笑んでほしいです
負けないで。。。

おはようございます^^

素敵でふんわりなイラスト^^
まめひやさんのイラストは、儚く澄んだ空気感が感じられますね^^
そこに着いた散文で、物語が動きだしました^^

お昼寝しすぎて夜中に起きちゃった涼くん。
鏡は不思議な世界が映る窓ですから
あまり覗くと持ってかれちゃいます^^

昼間にお姉ちゃんの横で覗く鏡とはまた違うんだろうなぁ

こっそり紅をひいた涼くんが、可愛くて切ないですね。
素敵な世界をありがとうございます^^

No title

まめひやさんのイラストが、HIZAKIさんの散文によって、
より、テーマ性が強調された感じになりましたね。
まさにコラボですね!

まめひやさんのイラストは、鉛筆ならではの柔らかい線が
すごく涼くんの心情を表現してて
暖かくもなにかこう、おぼろげに寂しげな雰囲気も感じとれる、
僕もこういう絵を描きたいものです。

涼くんが鏡を通して、何を感じたのか、それは涼くんの心の中、
いろいろなフィルターを通して見ないと全然深くて分からない
のかも知れません。
でも、鏡の向こうの涼くんはたぶん、『なりたい自分』もしくは
『見られたくない自分』という風にも考えられます。
それは、たぶん涼くんにしか知らないこと、
でも、分からないから問いかける、それは僕達にも言えること
だと思います。


No title

「あちらのぼくは 笑ぅてない」
悲しいなあ。「あちらのぼく」を力づけてあげられるのが、こちらの涼くんだけの夜中のひととき。
どうしたら、涼くんを慰めてあげられるのだろう。ディスプレイのこちらで考える私です。

No title

ご連絡ありがとうございます。とんできました。
季節まで考慮してくださって、かき手としてはありがたい限りです。
つたない絵ですが、気持ちを入れてかかせていただきました。
アラも目立って恥ずかしい限りなんですが、もったいないほど綺麗な散文を頂き感謝のきわみです!
今後もなにか僕にできることがあればお申し付けくださいね!ゆっくりですけどがんばります。

本当にありがとうございました。これからも宜しくお願いします。
プロフィール

HIZAKI

Author:HIZAKI
ずっと涼くんの中にいたけど、急に外の世界に引張り出されて大混乱中(on 2014.02.01)復活を待っていて下さる皆様に感謝&感謝の毎日です。涼くんは責任もって育てますよって、涼くん大好きさんの方もご安心を♡

最新記事
最新トラックバック
ブロとも一覧

Dear Friends

ライライ2

HMOの気ままな日常

ビーチサイドの人魚姫

よっくんうちゅうのたび

つらつら椿

Poem Spice-久遠の詩-

詩、そして、死 ・・・ and living

✿flower✿

優芽の樹
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twtter あります